かつて、一人の裁判官が、政府寄りの発言をしなかったとして、
最高裁より再任を拒否されるという事件があったことをご存知でしょうか?

法律家の間では有名な「宮本判事補再任拒否事件」です。当時は様々な憶測が飛び交いましたが、真相は藪の中。 司法は独立しているはずなのに、最高裁は、なぜいまも政治権力に弱いのでしょうか。 このときの当事者・宮本元裁判官が、長い沈黙を破り「あのとき」のことを語りました。

あのとき裁判所は

册子「あのとき裁判所は?」

当事務所の宮本弁護士が語った裁判官再任拒否事件が冊子になりました。
1部500円(税込)です。
多くの方にお読みいただけたら幸いです。

〈お申込み、お問い合わせ方法〉

FAXで

こちらのPDFをダウンロードしてご利用ください。

メールで

宛先: himesyara@himesyara.com
件名を【「あのとき裁判所は」の件】とし、以下の必要事項をご記入の上、お送りください。

お名前:
送付先の郵便番号:
送付先の住所:
電話番号:
メールアドレス:
お申込み部数:

1部500円(税込)
別途送料のご負担をお願いします。10部以上は送料無料です。

電話で

電話番号: 042-548-8675
「あのとき裁判所は」の件とお伝えください。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。  私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。…

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
各弁護士が以下の日弁連および所属弁護士会多摩支部の委員長等に、4月から就任いたしました。

○岸 敦子(東京弁護士会)/犯罪被害者支援委員会 委員長
○杉野 公彦(第二東京弁護士会)/性の平等委員会 副委員長
○松縄 昌幸(第二東京弁護士会)/消費者問題対策委員会 委員長
○藤原 真由美(日本弁護士連合会)/憲法問題対策本部 副本部長

お知らせを追加しました
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士が「役立つ遺言書」と題するテーマで講演を行います。

日 時/6月20日(水)
    午後2時~4時
場 所/トムハウス
(鶴牧・落合・南野コミュ二ティセンター)1階 ホール
参加費/無料
(どなたでも参加できます)

コラムを追加しました
小平のお話

 小平市に住み11年ほどになります。我が家の近所には広大な畑と小さな森があり、とても東京都とは思えない緑豊かなところです。  普段何気なく使っていた畑道、地元の人には「たから道」と呼ばれている道があります。うっそうと木々…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>