活動:第6回 / 市民法律講座

「労働問題を考える」

講師を務めた杉野公彦弁護士
坂ノ下征稔 さん(左)、中田雅久 弁護士(右)

 当事務所主催による第6回市民法律講座「労働問題を考える」が11月19日午後2時から開催されました。当日はあいにくの雨天にもかかわらず15名の方々が参加されました。
 冒頭、当事務所の所長である杉井静子弁護士は「今の日本の働き方を考え、法律を知ってもらい、これからのことを一緒に考えてきたい」とあいさつをしました。今回の講師は三多摩地区労働組合連合協議会(三多摩労連)事務局長の坂ノ下征稔さんと、当事務所の中田雅久弁護士が行いました。

 はじめに坂ノ下さんから、1997年以降日本の経済が低迷し、労働者の賃金・雇用形態などが悪化してきていることなどの説明がされました。労働者の置かれている現状が悪化するにともない、労働組合などに労働相談が増えていることが話されました。

 今回は、実際にあった相談事例にもとづいて法的対応などが紹介されました。

  • ある運送会社に勤務している方が未払いの残業手当を支払ってもらうように労働基準監督署に申告した事例
  • 会社全体が黒字にもかかわらず指名解雇をうけ撤回をたたかっている方の事例
  • 60歳定年退職以降の再雇用制度で大幅に労働条件が変わってしまった事例
  • 上司が部下に対して行ったセクハラ行為の事例
  • 違法派遣労働の事例

 坂ノ下さんからは「最近は労働法・法的対応のアドバイスにとどまらず、労働組合をつくりたい」という相談も増えているとのことでした。
 パワーポイントを活用した講演は好評で、参加された方から「労働問題について具体的に知ることができ、大変ためになった。考えるべきことがたくさんあるのだと感じた」との感想も寄せていただきました。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。  私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。…

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
各弁護士が以下の日弁連および所属弁護士会多摩支部の委員長等に、4月から就任いたしました。

○岸 敦子(東京弁護士会)/犯罪被害者支援委員会 委員長
○杉野 公彦(第二東京弁護士会)/性の平等委員会 副委員長
○松縄 昌幸(第二東京弁護士会)/消費者問題対策委員会 委員長
○藤原 真由美(日本弁護士連合会)/憲法問題対策本部 副本部長

お知らせを追加しました
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士が「役立つ遺言書」と題するテーマで講演を行います。

日 時/6月20日(水)
    午後2時~4時
場 所/トムハウス
(鶴牧・落合・南野コミュ二ティセンター)1階 ホール
参加費/無料
(どなたでも参加できます)

コラムを追加しました
小平のお話

 小平市に住み11年ほどになります。我が家の近所には広大な畑と小さな森があり、とても東京都とは思えない緑豊かなところです。  普段何気なく使っていた畑道、地元の人には「たから道」と呼ばれている道があります。うっそうと木々…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>