コラム23:弁護士 宮本 康昭

ダブルスタンダード

2013.3.4 弁護士 宮本 康昭

 暮れから正月にかけて読んだ岩波新書4冊の著者が、気づいてみるとみんな女性でした。女性のものを意識して選んだわけではないので、女性が近頃著しくすぐれた仕事をしていることを示しているのだと思います。その中の1冊大治明子「勝てないアメリカ」と、これは岩波新書ではないのですがもう1冊、重信メイ「『アラブの春』の正体」(角川ONEテーマ そうですね。これも女性ですね)。どちらも現場で問題に肉迫した著作です。

 その現場とは、いずれも中東地域なのですが、共通してアメリカの国際政治におけるダブルスタンダードが指摘されていて面白いです。アサドの市街地爆撃は非人道的といって非難するが、イスラエルのヨルダンの非戦闘員への攻撃は支持するとか、イラクの市民虐待を非難するのに自分ではグアンタナモ基地にジュネーブ協定違反のイラク人拘束・拷問をする、などというのは序の口で、イランの核開発は「ならず者国家」と指弾するのにイスラエルの核保有には知らぬ顔といった調子。これではアメリカは世界から信用されません。「ならず者国家」と言えば、北朝鮮の地下核実験には最大級の批判を浴びせますが、自分の国では日常茶飯に地下核実験をやる、地上での実験だってついこの間やめたばかりですし。当の北朝鮮もミサイル発射実験を非難攻撃するアメリカが、その直後の韓国のミサイル発射実験について何も言わないのはダブルスタンダードだと言っています。北朝鮮を特に応援するつもりはありませんけど、北朝鮮の、この反応は正しいでしょう。

 国際社会で鉄面皮にダブルスタンダードを押し通すアメリカは、自らの言説と行動についての説得力を失いますます「勝てないアメリカ」になっていくでしょう。わが国の政治的指導者たちもアメリカの言いなりばかりになっていると同じことを言われますよ。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。  私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。…

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
各弁護士が以下の日弁連および所属弁護士会多摩支部の委員長等に、4月から就任いたしました。

○岸 敦子(東京弁護士会)/犯罪被害者支援委員会 委員長
○杉野 公彦(第二東京弁護士会)/性の平等委員会 副委員長
○松縄 昌幸(第二東京弁護士会)/消費者問題対策委員会 委員長
○藤原 真由美(日本弁護士連合会)/憲法問題対策本部 副本部長

お知らせを追加しました
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士が「役立つ遺言書」と題するテーマで講演を行います。

日 時/6月20日(水)
    午後2時~4時
場 所/トムハウス
(鶴牧・落合・南野コミュ二ティセンター)1階 ホール
参加費/無料
(どなたでも参加できます)

コラムを追加しました
小平のお話

 小平市に住み11年ほどになります。我が家の近所には広大な畑と小さな森があり、とても東京都とは思えない緑豊かなところです。  普段何気なく使っていた畑道、地元の人には「たから道」と呼ばれている道があります。うっそうと木々…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>