コラム24:弁護士 松縄 昌幸

裁判官の交代

2013.4.30 弁護士 松縄 昌幸

 4月は人事異動の時期です。このことは裁判所についても同様で、4月には裁判官の人事異動があります。裁判官は異動の多い職業で、人によって等違いはありますが、だいたい3年毎くらいの頻度で異動があると言われています。異動の頻度が高く、異動になる人が多いため、4月になると担当事件の裁判官が交代することがよくあり、実際にこの4月にも、私が担当している裁判事件のうち何件かで、裁判官の交代がありました。

 このように、4月には裁判官が交代することがありますが、裁判官の交代は、訴訟の当事者に大きな影響を与えます。そのうちの一つは、3月下旬頃から4月中旬頃までの間、裁判の期日が入らないことです。というのも、裁判官としても、異動に先立ち準備が必要ですし、赴任してすぐに、記録も見ておらず何もわからない状態で裁判を担当するわけにはいきませんので、記録に目を通して検討する時間が必要だからです。

 また、より大きな影響として、前任の裁判官と後任の裁判官とで、判断(心証)が違ってくる可能性があります。裁判官が交代したからといって、それまでの裁判を一からやり直すということはなく、後任の裁判官は、それまでの訴訟の状態を引き継ぐことになります。裁判では基本的に、主張や証拠は書面で提出します(口頭では、主張の全てを正確に理解してもらうことは難しいですし、書面であれば、そのままのかたちで記録に残るからです)ので、後任の裁判官も、それまでに提出された書面を読むことができ、また前任の裁判官から引き継ぎを受けることで、当事者の主張や裁判の経緯を理解することができます。このように、後任の裁判官も目にする書面は前任の裁判官と同じですが、同じ書面を基に判断する場合でも、考え方は人それぞれであるため、判断の結果も人それぞれです。そのため、前任の裁判官は有利に考えてくれていたのが、後任の裁判官は反対の考えであることもあり、その逆もあります。つまり、裁判官が交代することによって、裁判の結果そのものが変わってしまう可能性があるのです。

 この他にも、裁判の進行(指揮)の仕方も裁判官によって異なるため、進行の面でも違いが出てきます。

 このように、裁判官の交代による影響が大きいため、3月頃から4月頃になると、4月に担当事件の裁判官の異動があるのか、異動がある場合、新しい裁判官としてどんな人が担当になるのかは、とても気になるところです。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>


NEW
藤原 真由美 弁護士/理事に選任

藤原 真由美 弁護士が5月29日より東京都弁護士協同組合の理事(平成29・30年度)に選任されました。

line
NEW
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士がトムハウス(多摩市 鶴牧・落合・南野コミュニティセンター)で「相続と遺言」をテーマにお話しをします。

日 時/6月21日(水)
    午後2~4時
場 所/多摩市落合6-5トムハウス(鶴牧・落合・南野コミュニティセンター)1階ホール
費 用/無料

line
NEW
コラムを追加しました。

コラム:55回目の掲載は、
藤原 真由美 弁護士の 「ゴミ屋敷」がなんと「文化遺産」に変身! です。

line
NEW
定例相談日を更新しました。

7・8月の定例相談日を掲載しました。

line
NEW
あんしん東⼤和/第1回 講演会のお知らせ

杉野 公彦 弁護士が、7月27日(10~12時)に遺言関係の講演を東大和市でおこないます。

line
杉井 静子 弁護士/講演のお知らせ

杉井 静子 弁護士が、第4回 はむら憲法カフェで「自民党改憲案がめざす家族・結婚観」をテーマにお話しをします。

日 時/6月4日(日)
    午後1時30分~4時まで
場 所/「ゆとろぎ」講座室2
参加費/500円(お茶菓子付き)
主 催/はむら九条の会

line
コラムを追加しました。

コラム:54回目の掲載は、
岸 敦子 弁護士の ミステリーの中の司法制度(2) です。

line
佐々木 洪平 弁護士、佐野 千春 弁護士が、今年1月に入所しました。
line
伊吹 勝美 弁護士が、4月末に退所しました。
line
コラムを追加しました。

コラム:53回目の掲載は、
中野 すみれ 事務局員の ことば です。

line
コラムを追加しました。

コラム:52回目の掲載は、
日下 努 事務局員の 「働かせ(働き)方改革」~格差と貧困を無くそう~ です。

line
コラムを追加しました。

コラム:51回目の掲載は、
伊吹 勝美 弁護士の 東大和市社会福祉協議会(あんしん東大和)「成年後見講座」に参加して です。

line
コラムを追加しました。

コラム:50回目の掲載は、
杉野 公彦 弁護士の 弁護士登録10周年を迎えて です。

line
コラムを追加しました。

コラム:49回目の掲載は、
杉井 厳一 弁護士の シェイクスピアとエリザベス一世 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:48回目の掲載は、
宮本 康昭 弁護士の 日本会議と安倍政権 です。

line
2016年4月、藤原 真由美 弁護士が、第二東京弁護士会多摩支部長に就任いたしました。
line
コラムを追加しました。

コラム:47回目の掲載は、
松縄 昌幸 弁護士の 戸籍のイロハ です。

line
コラムを追加しました。

コラム:46回目の掲載は、
長井 健治 事務局員の 2回目の保活 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:45回目の掲載は、
大出 良知 弁護士の イギリス流合理主義 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:44回目の掲載は、
岸 敦子 弁護士の ミステリーの中の司法制度 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:43回目の掲載は、
両部 奈緒 事務局員の 相続人調査 です。

line

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>