コラム29:事務局員 両部 奈緒

法務局の移転

2013.12.2 事務局員 両部 奈緒

法務局の移転

 2013年11月中旬、東京法務局立川出張所が事務所の近くに移転してきました。
 そもそも、2009年に八王子にあった裁判所が立川に移転してきて、立川の法務局も裁判所付近に(そして、ひめしゃら法律事務所の近く)に移ってくるのではと噂されていましたが、ついに実現し、徒歩圏内になりました。事務所では登記簿謄本(正確には登記事項証明書)をたくさん扱うので、法務局は頻繁に利用します。以前の場所は自転車で行くことができるとはいえ、少々距離があり気軽に行くことができませんでしたが、今回の移転で徒歩圏内に移ってきたので、大変便利になりました。
 ところが不便な点も残っています。この法務局、立川の裁判所に近いのに供託ができません。以前の場所の時も、立川の法務局では供託ができず、八王子(最寄は南大沢駅)まで往復していました。供託は「時間との戦い」という場合が多いのに、片道1時間近くかけて供託に行くという状況でした。移転とともに、これが改善されるかと思っていましたが、残念ながらできないとのことです。なんとか立川の法務局でできるようになってもらいたいと思います。

法務局の職員

 これは立川に限った話ではなく、全国的な話ですが、法務局の証明書発行業務がどんどん外注に出されています。入札で業者が決まるため、場合によっては毎年違う業者、違う職員が業務にあたることになる可能性もあるようです。
 そのせいか、心なしか最近、職員の方の対応が悪いような気がします。郵送で申請した際、以前は問題があると連絡をくれたのに、この頃は該当なし等で連絡もなく返送されてくることが多々あるなど、問題を感じます。
 外注になったから料金が下がったという面もあるのかもしれませんが、登記簿謄本は裁判の資料にもなる大事なものなので、やはりしっかりした正規の職員の方にやってもらったほうがいいのでは、と感じる今日この頃です。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。  私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。…

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
各弁護士が以下の日弁連および所属弁護士会多摩支部の委員長等に、4月から就任いたしました。

○岸 敦子(東京弁護士会)/犯罪被害者支援委員会 委員長
○杉野 公彦(第二東京弁護士会)/性の平等委員会 副委員長
○松縄 昌幸(第二東京弁護士会)/消費者問題対策委員会 委員長
○藤原 真由美(日本弁護士連合会)/憲法問題対策本部 副本部長

お知らせを追加しました
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士が「役立つ遺言書」と題するテーマで講演を行います。

日 時/6月20日(水)
    午後2時~4時
場 所/トムハウス
(鶴牧・落合・南野コミュ二ティセンター)1階 ホール
参加費/無料
(どなたでも参加できます)

コラムを追加しました
小平のお話

 小平市に住み11年ほどになります。我が家の近所には広大な畑と小さな森があり、とても東京都とは思えない緑豊かなところです。  普段何気なく使っていた畑道、地元の人には「たから道」と呼ばれている道があります。うっそうと木々…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>