コラム50:弁護士 杉野 公彦

弁護士登録10周年を迎えて

2016.12.13 弁護士 杉野 公彦

 2017年の10月をもって、弁護士登録10周年を迎えました。登録当初から、離婚、ドメスティックバイオレンス、子どもと非親権者との面会交流、養育費の支払いなど離婚にまつわる家族問題と関わり続け、また、地元の米軍基地の騒音公害訴訟に関わって、裁判内外で活動していましたところ、あっという間に10年経ってしまいました。その間、大きな会社の顧問になるような機会や大規模な経済案件に携わるような機会もあったとは思いますが、振り返ってみると市民の皆様の間で、市民の皆様が抱える困りごとを解決することで過ごして来ました。

 少し前になりますが、今年の7月には東大和市社会福祉協議会において、「あなたの『困った』弁護士に聞く?~敷居の低い弁護士のはなし~」と題して、市民の皆様向けのどなたでも起こりうる身近な法律問題について、クイズ形式で講演するという企画を実施させていただきました。企画そのものは好評を持って終えることができましたが、実施してみて感じたことは、やはり、相続や後見(または離婚)、誰かを訴える・誰かに訴えられるなど本当に身近な法律問題であっても必ずしも市民の皆様が考えている「常識」と法律との間に乖離があり、時としてその乖離が致命的な結果を引き起こしかねないということがあります。依頼された個々の事件、発生してしまったトラブルの解決ももちろん重要であり決して疎かにはできませんが、その乖離を埋める作業により、トラブルを未然に防いで廻るのは、やはり我々法律家の重要な職務であろうと考えます。

 この10年間に、労働審判がはじまり、裁判員裁判が実施され、私の主たる活動領域である家事事件についても、家事事件手続法が新設され、手続について最初から勉強し直し、また、今後民法も大改正が実施されるなど、法律はめまぐるしく新設・改正されています。依頼を受けた事件の解決に向け(法律相談において、既に存在しない法律で回答しないよう)、まず適用法律のアップデートをして行かねばと追われるように勉強しております。自分でも簡単なこととは思いませんが、次の10年目、弁護士登録10周年もまた、市民の皆様の間にいる敷居の低い(レベルの低いでは困りますが)弁護士でありたいと思います。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。  私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。…

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
各弁護士が以下の日弁連および所属弁護士会多摩支部の委員長等に、4月から就任いたしました。

○岸 敦子(東京弁護士会)/犯罪被害者支援委員会 委員長
○杉野 公彦(第二東京弁護士会)/性の平等委員会 副委員長
○松縄 昌幸(第二東京弁護士会)/消費者問題対策委員会 委員長
○藤原 真由美(日本弁護士連合会)/憲法問題対策本部 副本部長

お知らせを追加しました
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士が「役立つ遺言書」と題するテーマで講演を行います。

日 時/6月20日(水)
    午後2時~4時
場 所/トムハウス
(鶴牧・落合・南野コミュ二ティセンター)1階 ホール
参加費/無料
(どなたでも参加できます)

コラムを追加しました
小平のお話

 小平市に住み11年ほどになります。我が家の近所には広大な畑と小さな森があり、とても東京都とは思えない緑豊かなところです。  普段何気なく使っていた畑道、地元の人には「たから道」と呼ばれている道があります。うっそうと木々…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>