コラム53:事務局員 中野 すみれ

ことば

2017.3.31 事務局員 中野 すみれ

 最近、『やばい』ということばについて、とある中学校の先生がクラスで使用禁止令を出した事がニュースになった。本来は「危険、不都合」の意味の隠語。困った時に「やばくない?」などと言う。しかし近年では、いい意味で『やばい』を使う人が増えている。驚いた時にやばいと言ったり、かっこいい、おいしい等沢山の使い方をしている。私もつい簡単に『やばい』を使っていることに気が付いた。

 この禁止令を出したことに対して賛否両論があるようだ。「口語は年月とともに変化するのだから自由に使うべきだ」これに対して「感動の表現をもっと豊かにする必要があるのでは」といったような意見だ。確かに現代の『やばい』には沢山の意味をカバーしてしまうオールマイティーのパイのような役割がある。たとえば「この映画はとてもおもしろかった」という感想を伝えるのに「この映画やばいよ」と言えば、とてもよかったというイメージが伝わる。しかも受け取り方によっては多用に解釈ができてしまう。曖昧な表現を好む日本の文化にぴったりのことばなのかもしれないと思う。

 古文の『いとをかし』の意味だって沢山の意味がある。美に対する感嘆や称賛などを表すことばで、意味をひとつに絞りきれないのが奥深さを感じさせるようだが、『やばい』もいつか古文になれば奥深いといわれる時代が来るのだろうかと考えるとおもしろい。
 現代はメールなどのSNSの普及により、ことばを“正確に”というよりも“簡単に”と進化したように思う。ことばを入れなくても絵文字やスタンプで会話が成り立つこともしばしばで、簡単にコミュニケーションがとれる事が重視されているのだろう。

 それに対して弁護士の先生方は、ことばをとても大切に使われている。ことばを使って主張や説得をしたり、事実を証明するわけなので先生方にとっては当たり前なのかもしれないが、文章も話しことばにしても選び方が慎重で絶妙だと感じる。法律事務所で働いてみて実感することだった。

 日々難しいことばが行き交う中、「あまりがんばりすぎないでね」と、ある時依頼者をお見送りする際に先生がかけたことばが、カリカリ仕事をしていた私の耳と心にふっと入ってきた。難しい言葉や進化した言葉、沢山言葉はあるけれど、心に響くすてきなことばを使える人になりたいと思ったひと時だった。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。  私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。…

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
各弁護士が以下の日弁連および所属弁護士会多摩支部の委員長等に、4月から就任いたしました。

○岸 敦子(東京弁護士会)/犯罪被害者支援委員会 委員長
○杉野 公彦(第二東京弁護士会)/性の平等委員会 副委員長
○松縄 昌幸(第二東京弁護士会)/消費者問題対策委員会 委員長
○藤原 真由美(日本弁護士連合会)/憲法問題対策本部 副本部長

お知らせを追加しました
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士が「役立つ遺言書」と題するテーマで講演を行います。

日 時/6月20日(水)
    午後2時~4時
場 所/トムハウス
(鶴牧・落合・南野コミュ二ティセンター)1階 ホール
参加費/無料
(どなたでも参加できます)

コラムを追加しました
小平のお話

 小平市に住み11年ほどになります。我が家の近所には広大な畑と小さな森があり、とても東京都とは思えない緑豊かなところです。  普段何気なく使っていた畑道、地元の人には「たから道」と呼ばれている道があります。うっそうと木々…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>