コラム55:弁護士 藤原 真由美

「ゴミ屋敷」がなんと「文化遺産」に変身!

2017.6.16 弁護士 藤原 真由美

 この1年間、多摩支部長をつとめた間に多摩地域の自治体にアンケートをとったりしてわかったことは、「空き家問題」が、自治体の重要なテーマになっていることです。子どもの独立、結婚を機に、高齢者だけの世帯が増加。その高齢者が他界し、相続手続きが進まずに「空き家」が増加しているのですね。皆さんの中にも、両親が住んでいた自宅が空き家になったままほったらかし……という方がいらっしゃるのでは?

 「空き家」を取り壊すにも費用がかかりますし、家があった方が土地の固定資産税が安くてすむなど、「ほったらかし派」にもそれなりの理由があります。でも、老朽化した家は、いずれ「ゴミ屋敷」となって、街の「めいわくな存在」に。

 そこで、「空家等対策の推進に関する特別措置法」なる法律が成立し、自治体が強制的に、老朽化して迷惑な存在となった「特定空き家」を取り壊すことができるようになったのですが、所有者の同意も得ずに、人の家を一方的に取り壊すって、ちょっと抵抗を感じますよね。何かうまい方法はないかと考えていたときに偶然出会ったのが、尾道市(広島県)の「空き家再生プロジェクト」でした。

 その昔、造船業で栄えた尾道市は、坂の多い街に、個性的な洋館が点在。誰も住まなくなった洋館は、次第に「ゴミ屋敷」と変貌していったのですが、この「おもしろ物件」に目をつけたある女性が、地元の建築士と一緒にNPO法人「空き家再生プロジェクト」を立ち上げたのです。自治体からの補助金をもらいながら、尾道の歴史と建築物の魅力を再発見するピクニックやセミナー、放置された家財道具の「のみの市」、チャリティーイベント開催など、逆転の発想で会員を増やし、次々と「空き家」を再生させることに成功。中には、重要文化財に認定された「再生空き家」もあったとか。

 「これだ!」と思いました。一見めいわくなゴミ屋敷を、多摩地域の街づくりと一緒に魅力的に再生させる人材やノウハウは、必ず見つかるはず。適正な相続・不動産の管理といった法律業務に加え、自治体と協力して、こんな取り組みにも手を広げはじめている私です。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。  私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。…

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
各弁護士が以下の日弁連および所属弁護士会多摩支部の委員長等に、4月から就任いたしました。

○岸 敦子(東京弁護士会)/犯罪被害者支援委員会 委員長
○杉野 公彦(第二東京弁護士会)/性の平等委員会 副委員長
○松縄 昌幸(第二東京弁護士会)/消費者問題対策委員会 委員長
○藤原 真由美(日本弁護士連合会)/憲法問題対策本部 副本部長

お知らせを追加しました
松縄 昌幸 弁護士/講演のお知らせ

松縄 昌幸 弁護士が「役立つ遺言書」と題するテーマで講演を行います。

日 時/6月20日(水)
    午後2時~4時
場 所/トムハウス
(鶴牧・落合・南野コミュ二ティセンター)1階 ホール
参加費/無料
(どなたでも参加できます)

コラムを追加しました
小平のお話

 小平市に住み11年ほどになります。我が家の近所には広大な畑と小さな森があり、とても東京都とは思えない緑豊かなところです。  普段何気なく使っていた畑道、地元の人には「たから道」と呼ばれている道があります。うっそうと木々…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>