選ばれる理由

ひめしゃら法律事務所が選ばれる理由

1 市民の駆け込み寺として日々地域の方々の法律の悩み相談に応えています。

2 経験豊富なベテラン弁護士、機動力溢れる若手弁護士、個性豊かな弁護士11人が所属する、多摩地区有数規模の法律事務所です。

3 弁護士一人ひとりが得意分野を持ち、困っている人の助けになりたいと日々精進しています。

△このページのTOPへ

ひめしゃら法律事務所がめざすもの

2009年10月30日

1 理念

 ひめしゃら法律事務所は、「地域に根ざした法律事務所」として、あらゆる権力による人権侵害を許さず、市民とりわけ社会的弱者の権利を擁護する。
 ひめしゃら法律事務所は、すべての市民が平等に権利が尊重され、人間らしい生活が保障される平和で公正な社会の実現に向け、他の法律事務所、諸団体と共同して活動する。
 ひめしゃら法律事務所は、相談者・依頼者に親身・誠実に、謙虚で丁寧な態度で接し、的確で迅速・質の高い事件解決をめざす。

2 目的

  1. 市民の法的駆け込み寺として、市民の抱える法的需要を含む諸問題を真摯に受けとめ、その解決に努める。
  2. 時代の進展に伴う新しい法的問題に積極的にとりくみ、法的需要に対応できる専門的知識と解決方法を蓄積して、専門的リーガルサ-ビスを提供出来る法律事務所をめざす。
  3. 上記の理念・目的を実践するため、下記をはじめとする人材を幅広く受入責任をもって養成する。
    1. 多摩地域に定着し、多摩地域の市民の法的需要に責任をもって応じられる弁護士
    2. 日本司法支援センターのスタッフ弁護士あるいは、ひまわり公設法律事務所に派遣される新人弁護士、それらの任期あけの弁護士
    3. 弁護士任官を目指す弁護士、裁判官の他職経験者
    4. 将来の法曹をめざす人材
      1. 法科大学院のエクスターン生
      2. 司法修習生
  4. 裁判員裁判事件、被疑者国選事件、国選少年付添事件、および犯罪被害者代理事件等の刑事事件の積極的受任
  5. 弁護士会活動含む公益活動にも積極的に参加し、真に市民のための司法改革の実現に努める。

△このページのTOPへ

「ひめしゃら」の由来は?

 当法律事務所の名称である「ひめしゃら」について、様々な方から「どういう意味ですか?」と聞かれます。
 「ひめしゃら」の由来は、当事務所の前身事務所である杉井法律事務所(国立市)を開設していた時に、事務所前に植えた「ひめしゃら」の木(後述)に由来します。
 また、杉井法律事務所の事務所ニュースのタイトルも「ひめしゃら」でした。大地に根を張り、まっすぐに天をめざし可憐な花を咲かせる「ひめしゃら」は当事務所のシンボルです。

△このページのTOPへ

【ひめしゃら(姫紗羅)】

 神奈川以西の山間に分布する。比較的暖かいところに生育し、やや荒れた森林によく出現する。
 花期は7~8月。夏椿を小型にした花径2~3センチメートル位の可憐な白い花を咲かせる。秋には紅葉になり、10~11月に濃褐色の実ができる。
 木肌は赤みを帯び光沢がある。しかし、若木のうちは灰色の細かくざらついた樹皮である。成長するにしたがい樹皮がはがれ、赤褐色のごく薄い樹皮に変わる。
 観賞用にも利用されている。高温に弱いので、夏は遮光をし、風通しのいい場所に置いた方が適当である。一方で寒さには強い。
 原産は日本。

△このページのTOPへ


離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>


NEW
あんしん東⼤和/第1回 講演会のお知らせ

杉野 公彦 弁護士が、7月27日(10~12時)に遺言関係の講演を東大和市でおこないます。

line
NEW
杉井 静子 弁護士/講演のお知らせ

杉井 静子 弁護士が、第4回 はむら憲法カフェで「自民党改憲案がめざす家族・結婚観」をテーマにお話しをします。

日 時/6月4日(日)
    午後1時30分~4時まで
場 所/「ゆとろぎ」講座室2
参加費/500円(お茶菓子付き)
主 催/はむら九条の会

line
NEW
コラムを追加しました。

コラム:54回目の掲載は、
岸 敦子 弁護士の ミステリーの中の司法制度(2) です。

line
NEW
佐々木 洪平 弁護士、佐野 千春 弁護士が、今年1月に入所しました。
line
NEW
伊吹 勝美 弁護士が、4月末に退所しました。
line
NEW
定例相談日を更新しました。

6月の定例相談日を掲載しました。

line
コラムを追加しました。

コラム:53回目の掲載は、
中野 すみれ 事務局員の ことば です。

line
コラムを追加しました。

コラム:52回目の掲載は、
日下 努 事務局員の 「働かせ(働き)方改革」~格差と貧困を無くそう~ です。

line
コラムを追加しました。

コラム:51回目の掲載は、
伊吹 勝美 弁護士の 東大和市社会福祉協議会(あんしん東大和)「成年後見講座」に参加して です。

line
コラムを追加しました。

コラム:50回目の掲載は、
杉野 公彦 弁護士の 弁護士登録10周年を迎えて です。

line
コラムを追加しました。

コラム:49回目の掲載は、
杉井 厳一 弁護士の シェイクスピアとエリザベス一世 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:48回目の掲載は、
宮本 康昭 弁護士の 日本会議と安倍政権 です。

line
2016年4月、藤原 真由美 弁護士が、第二東京弁護士会多摩支部長に就任いたしました。
line
コラムを追加しました。

コラム:47回目の掲載は、
松縄 昌幸 弁護士の 戸籍のイロハ です。

line
コラムを追加しました。

コラム:46回目の掲載は、
長井 健治 事務局員の 2回目の保活 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:45回目の掲載は、
大出 良知 弁護士の イギリス流合理主義 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:44回目の掲載は、
岸 敦子 弁護士の ミステリーの中の司法制度 です。

line
コラムを追加しました。

コラム:43回目の掲載は、
両部 奈緒 事務局員の 相続人調査 です。

line

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>