弁護士費用

弁護士費用の種類

 弁護士に事件を依頼する場合、通常、次の3種類の費用がかかります。

  1. 着手金
    事件に着手する際にお支払いいただくもので、事件処理のための手数料的なものです(成果が得られなかった場合でもお返しすることはありません)。
  2. 報 酬
    事件終了後に、その成果に応じてお支払いいただくものです。
  3. 実 費
    コピー代・通信費・交通費等、事件処理のために支出した費用です(事件によっては、鑑定費用や日当等が必要となる場合があります)。

着手金・報酬の算定基準

 弁護士費用の算定は、原則として事件の解決によって得られる経済的利益を基準とします。
 例えば、500万円の売買代金請求事件であればその500万円が基準となり、まず次のように算定されます(別途消費税がかかります)。ただし、最低20万円以上です。

(経済的利益が)300万円未満の場合
  着手金:求める利益の8%
  報 酬:得られた利益の16%

300万円以上 3000万円未満の場合
  着手金:同 5% + 9万円
  報 酬:同 10% + 18万円

3000万円以上 3億円未満の場合
  着手金:同 3% + 69万円
  報 酬:同 6% + 138万円

(例)
400万円の損害賠償をもとめて       着手金 400万円× 5%+9万円=29万円
訴訟を提起し280万円の範囲で勝訴した場合 報 酬 280万円×16%=44.8万円

 以上は原則であり、事件の種類や難易度等により、増減額される場合があります。また、ご事情に即したご相談に応じることも出来ますので、金額や支払い方法についてのご希望がありましたら、依頼される際に弁護士にご相談ください。

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
ゴールデンウィーク休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【休業期間】
4月28日(日)~5月6日(月)

お知らせを追加しましたNEW
杉野公彦弁護士が「生活の落とし穴」をテーマに講演しました。

 3月16日に、杉野公彦弁護士がトムハウス(東京・多摩市)にて、電子マネーなど暮らしの中の思わぬトラブルに、巻き込まれないためのアドバイスを中心に講演を行いました。逮捕・勾留されたらどうなるか、バイトテロをやってしまった…

お知らせを追加しましたNEW
岸敦子弁護士が中学校で講演しました。

 3月2日、府中第三中学校の一年生を対象に「生き方学習」の一環として岸敦子弁護士が弁護士の仕事について講演しました。参加した20人ほどの学生のみなさんからいくつも質問が出され大変関心をもって聞いていたことがうかがえます。

お知らせを追加しましたNEW
4・5月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
杉野公彦弁護士/身近なトラブル回避のための法律相談を行います。

身近な法律教室「生活の落とし穴」

 電子マネーなど暮らしの中の思わぬトラブルに、巻き込まれないためのアドバイスをお話しします。

日 時:3月16日(土)午後2時~4時
会 場:トムハウス
    (東京都多摩市落合6-5)
     TEL 042-371-8806
参加費:無料
    (直接会場へお越しください)
講 師:弁護士 杉野公彦(ひめしゃら法律事務所/第二東京弁護士会)

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動