所属弁護士

所属スタッフの写真

 ひめしゃら法律事務所は、離婚、夫婦や親子のこと、DV(配偶者・恋人への暴力)、職場で働くことをめぐる様々な悩みや疑問、近隣とのトラブル、行政による人権侵害など、女性の権利、子どもの権利、労働者の権利などに関する事案を得意としています。以下のような事件を主に取扱っており、弁護士が業務にあたります。その他の事件についても、お気軽にご相談ください。
 また、女性弁護士への相談をご希望の方はお申し出ください。

△このページのTOPへ

杉井 静子 弁護士(所長)

杉井 静子 弁護士の写真

弁護士登録年

1969年(昭和44年)

ご挨拶

1969年に弁護士になってから、今年で50年目を迎えます。
女性弁護士が数少ない時代から仕事をしていますので、自然と女性の離婚事件の依頼者が多くなり、その上、平成25年1月から施行された家事事件手続法の立法過程に法制審議会委員として参加したので、家事事件(離婚、DV、子の引渡し、面会交流、子どもの虐待、成年後見etc)は専門分野と言えます。

審議会の中で、私ども弁護士会側が提案し実現した「子ども手続代理人」は私が約20年も前に『自由と正義』誌上で提起した「子ども代理人」の端緒的形態であり、法改正に寄与できたことを嬉しく思っています。日弁連との協議で最高裁もこの制度の積極的利用を裁判所間に周知させました。是非子どもの人権福祉を守る立場から弁護士の活用を期待します。
セクハラが社会的に大問題になっていますが、私は1989年に全国で初めての第二東京弁護士会のセクハラ110番に関わったことを契機にセクハラ問題に長くとりくみ、セクハラ・アカハラ・パワハラも私の専門分野になっています。

あらゆる人権侵害を許さない、とりわけ弱者の人権を守るという気持ちで活動してきました。
ジェンダー平等、女性の人権、子どもの人権、高齢者の人権は私自身が3人の子を育てながら弁護士活動をしてきた体験も生かして今後とも力を注ぎたい分野です。「上から目線」ではなく、市民目線でみなさまのニーズに応えたいと思います。
今後とも既存の「法律」から出発するのではなく、市民の人権を抑圧し、市民のニーズに合わない「法律」は改正すべきとして法改正、立法化にも取り組むつもりです。

家事事件手続法の施行や最近では、成年後見人利用促進法も出来て家庭裁判所の役割は一段と大きくなりました。そのために家庭裁判所の裁判官や職員を増やす等、司法基盤の充実についても力を入れて取り組んでいきたいと思っています。長いこと東京地方・家庭裁判所立川支部管内で活動してきました。立川支部の本庁化もなんとしても実現をしたい課題です。家庭裁判所の出張所を増やすなどは全国的な課題です。

若い頃から女性の権利、子どもの人権等の学習会、憲法の講演会の講師をやってきました。市民の人権意識向上・立憲主義を根づかせる学習会講師活動も積極的に引き受けるつもりです。憲法カフェなど少人数の集まりにも気軽に声をかけてください。

略歴・諸活動等

  • 1967年  中央大学法学部卒業
  • 1969年  弁護士登録 三多摩法律事務所に入所(2000年3月まで在籍)
  • 1990年  立川簡易裁判所 民事調停委員(2016年3月まで)
  • 1990年  日本弁護士連合会 女性の権利に関する委員会委員長
  • 1991年  第二東京弁護士会 両性の平等に関する委員会委員長
  • 1992年  第二東京弁護士会 副会長(女性初)
  • 1993年  日本弁護士連合会 常務理事
  • 2000年  4月に国立市に杉井法律事務所を開設
  • 2001年  第二東京弁護士会 多摩支部長
  • 2002年  都留文科大学 非常勤講師/ジェンダー論(2014年まで)
  • 2003年  日本弁護士連合会 常務理事
  • 2005年  関東弁護士会連合会 理事長(女性初)
  • 2008年  日本弁護士連合会 家事法制委員会 委員長(2013年5月まで)
  • 2009年  4月にひめしゃら法律事務所開設(所長)
  • 2009年~2011年  法制審議会(非訟事件・法家事審判法部会)委員
【現在】
  • 全国革新懇 代表世話人
  • 三多摩革新懇 代表世話人
  • 第二東京弁護士会 仲裁センター 仲裁人候補者
  • 労働者教育協会 副会長
  • 関東弁護士会連合会 地域司法充実推進委員会 委員
  • 第二東京弁護士会 多摩支部 両性の平等に関する委員会

主な担当事件/弁護団

  • 教科書裁判、日産家族手当男女差別裁判、ケンウッド子もち女性配転解雇裁判
  • 他に多数の労働事件、セクハラ事件、医療過誤事件、離婚事件等を担当

著書

【近著】
  • ドキュメント離婚事件(新日本法規出版編著)
  • 共謀罪VS国民の自由(学習の友社共著)
  • 砂町9条の会ブックレット No.2「改憲を止め、日本国憲法を活かす」((株)きかんし共著)
  • 変えてはいけない憲法9条(学習の友社共著)

趣味

  • 山菜・野草採り  山菜・野草創作料理

コラム

その他・最近の活動

  • 沖縄県調停協会主催調停委員研修会で「調停における両性の平等と子どもの権利」を講演(2017年12月)
  • 静岡県弁護士会浜松支部主催「やらまいか労働審判」市民集会で「労働審判を支部で実現することの意義」を講演(2017年3月)
  • 羽村9条の会、憲法カフェで「自民党の婚姻家族観」を講演(2017年6月)
  • 「学習の友(月刊誌)」で「自然と人間の共生」をテーマにするエッセイを連載中(2017年4月号から)
  • 非正規ではたらくなかまの全国交流集会「女性の活躍」施策を憲法の視点で考える分科会助言者(2018年6月)
  • 東京ウイメンズプラザ交流 平成30年度職務関係者研修「女性への暴力をなくすために~法制度と社会背景」(2018年5月、6月)
  • 日本婦人団体連合会総会で記念講演「安倍政権の改憲の策動とジェンダー平等」(2017年12月)
  • 吉川9条の会講演「戦争をささえる「人」「家庭」「地域」づくりをさせないために」(2018年3月)

△このページのTOPへ

杉井 厳一 弁護士

杉井 厳一 弁護士の写真

弁護士登録年

1969年(昭和44年)

ご挨拶

私は、1969年弁護士登録ですから、今年(2018年)は弁護士50周年です。当初の30年間は川崎の合同法律事務所で、神奈川、川崎を中心とした労働事件や住民運動の諸事件に取り組みました。その後横浜弁護士会の活動に関与するようになり、日弁連の司法改革運動にも約15年間携わりました。私が横浜弁護士会の会長を務めていた2005年に坂本堤弁護士一家3人が遺体で発見され(オウム真理教事件)、横浜アリーナで2万人の市民のみなさんに参列いただいて日弁連葬を行ったのが悲しい思い出です。
私は2歳の時に戦争で父を亡くしていますので、戦争は大きらいです。戦争をしないと誓った平和憲法は私にとって大切な宝物です。2009年にひめしゃら法律事務所を設立したのは、多摩の地域に根ざして、弱者の権利を守るための活動を、若い人たちと一緒にしたいと考えたからです。

得意分野

1 労働事件
弁護士になって以来労働事件を専門にやってきました。解雇をめぐるトラブル、賃金や残業代の不払い事件、配転・出向、労災・職業病、セクハラなどです。最近は経営者側の事件を受任することも増えています。経営者の立場からも、法律を守り、労働紛争に対応するための依頼を受けています。

2 遺産分割や遺言、相続をめぐるトラブル
遺産分割や相続をめぐる複雑な事件が得意です。生前被相続人の面倒をみていた人が相続財産を不当利得してしまったというような事件です。被相続人の預貯金等を弁護士会照会などを使って調べていくのは大変な作業ですが、時には思いがけない資料にぶつかることがあります。

3 交通事故事件、医療過誤事件
交通事故事件は、被害者側でも、加害者側でもやっています。自転車事故も急増しており、思いもがけない大けがにあう場合があります。医療過誤事件は、患者側でも医師側でも、どちらの事件も取り扱います。カルテを入念に調べたり、医学文献をあたることが楽しみです。

4 不動産、建築建築紛争
不動産や住宅建築に関するトラブル、なかでも境界争いがからむ事件、通路の利用権がからむ事件、建築基準法違反、都建築条例違反など。

5 夫婦・親子をめぐるトラブル
夫婦の離婚とこれに伴う財産分与、親権者の決定、慰謝料、養育費の支払い、DV事件、不倫の相手方に対する損害賠償事件など。

6 債務整理・破産・再生・消費者被害
サラ金からの取り立ての対応や過払い金の返還請求、債務整理・破産・再生など、訪問販売、商品トラブルその他の消費者契約から発生するトラブルなども、日常的に取り扱っています。

略歴・諸活動等

  • 1962年  静岡県立浜松北高校卒業
  • 1967年  東京大学法学部卒業
  • 1969年  弁護士登録(21期)川崎合同法律事務所入所

    川崎市・神奈川県を中心とした一般民事事件、刑事事件のほか、労働事件、公害事件、労災・職業病事件、医療事件など多数の事件に関わる。公害、建築、マンションなどの住民運動や革新市政・県政を支える活動にも参加。

  • 1986年  横浜弁護士会 副会長に就任
  • 1989年から95年  坂本堤弁護士一家救出活動に従事
  • 1990年  日本弁護士連合会において司法改革運動始まる
  • 1992年  日本弁護士連合会 司法改革推進本部設置にともない事務局次長に就任
  • 1995年  横浜弁護士会 会長兼日本弁護士連合会 常務理事に就任
  • 1999年  日本弁護士連合会 司法改革実現本部事務局長に就任
  • 2000年  川崎合同法律事務所を退所し、杉井法律事務所(国立市)に移る。
  • 2004年  司法改革諸立法終了にともない司法改革実現本部 事務局長退任
  • 2006年  日本司法支援センター(法テラス)東京地方事務所 副所長兼多摩支部長に就任
  • 2009年  同退任
  • 同年    ひめしゃら法律事務所(立川市)を開設 現在にいたる

コラム

△このページのTOPへ

杉野 公彦 弁護士

杉野 公彦 弁護士の写真

弁護士登録年

2006年(平成18年)

ご挨拶

専門分野は特に設けておりませんが、登録当時からDV離婚をはじめとする家庭問題、遺産相続を主に扱ってきており、最近は、男性女性を問わず、離婚事件,遺産分割事件に特に力を入れて受任しております。

現在弁護士数の激増が叫ばれておりますが、その中でも「弁護士事務所は敷居が高い」というお話を伺うことがあります。ご自身が抱えていらっしゃる問題が「果たして弁護士が扱うべき問題なのか?」などと疑問を持っていらっしゃる方もいるかもしれません。現実に問題が発生している、いないにかかわらず、皆様が心に抱えていらっしゃる問題こそ、我々が解決したい問題なのです。様々な問題を抱えた依頼者の皆様にまずは、「相談してよかった」と安心していただけるよう、日々精進しています。

得意分野

取り扱い分野は特に限定しておりませんが、これまで離婚事件、特にDV事件そして遺産分割事件を多く取り扱っています。目指す弁護士像は、漠然としておりますが「熱いハートと良い腕を持った弁護士」です。「このようなことを弁護士に聞いて良いのか?」と疑問に思われるようなことも含め、法的トラブルはお一人で悩むことなく遠慮なくおたずね下さい。

略歴・諸活動等

  • 2004年11月  司法試験合格(59期)
  • 2006年10月  司法修習終了 杉井法律事務所入所
  • 2009年04月  ひめしゃら法律事務所開設
【諸活動等】
  • 平成25年4月~平成27年3月
    第二東京弁護士会 多摩支部 両性の平等に関する委員会 委員長
    第二東京弁護士会 多摩支部 研修委員会 委員長
  • 平成27年4月~平成28年3月
    第二東京弁護士会多摩支部副支部長
  • 平成24年4月~平成26年3月
    昭島市市民法律相談 相談員
  • 平成26年4月~平成27年3月,平成28年4月~
    国分寺市市民法律相談 相談員
  • 平成27年4月~平成28年3月
    青梅市市民法律相談 相談員
  • 平成28年4月~平成29年3月
    国分寺市市民法律相談 相談員
  • 平成29年4月~
    東村山市市民法律相談 相談員
  • 平成25年4月~
    東大和市ふくし相談 相談員
  • 平成26年4月~
    東村山市男女共同参画苦情等処理委員
  • 平成28年~
    公立大学法人都留文科大学ハラスメント専門委員会委員

コラム

△このページのTOPへ

宮本 康昭 弁護士

宮本 康昭 弁護士の写真

弁護士登録年

1973年(昭和48年)

ご挨拶

私はこれを専門に、と志した分野はなく、従ってこれが得意、と挙げる分野もないのですが、経験を積んだことによって、これならやれるなと言える分野はいくつかあります。

まず第1に、消費者と消費者被害に関わる分野です。
消費者が企業の独占禁止法違反(カルテル)によって蒙った被害の回復訴訟を長くやりました。そこから、消費者団体の運動につながり、日本生活協同組合連合会、さらには大学生活協同組合連合会の組織や運動の問題にもかかわりました。主婦連合会ではいまでも消費者問題の研究活動を続けています。
また、カネミ油症の被害回復訴訟、原野商法による被害者グループの訴訟など、いくつかの消費者被害回復要求にかかわっています。

2つめのグループは環境問題です。椿峰(狭山丘陵)、御殿山(品川)、赤羽北口、府中日鋼跡地、多摩丘陵など、いずれも開発反対と自然環境保全をめざすものです。このうち椿峰はのち日本では珍しいナショナルトラストに発展し、トトロ財団としていまも活動しています(今も財団顧問をやっています)し、御殿山は中央公害等調整委員会に持ち込んだのですが、その時の合意で自然景観の回復や植栽計画にも関与することになりました。

3つめは行政規制への異議にかかわるものです。保育所の入所拒否、保育料値上げ、という保育行政不服訴訟を東京都区内と多摩のそれぞれの行政を相手にやりました。日本酒の製造と販売の免許(酒造免許と酒販免許)をめぐって長く国税当局と争いました。2つめにあげたグループの各開発阻止はいずれも開発行政への異議申立ともなっています。

4つめは人権侵害救済の仕事です。職場での過労の結果の自殺の責任を会社に問う案件があり、このときは敗れてしまいましたが、過労死の問題が定着した今だったら勝てたのに、と思います。3つめで挙げた保育行政への異議申立は、子どもの人権侵害への対抗措置でもあります。またセクハラ・パワハラ被害への対応があります。私は東京経済大学の教職にあったことがあり、その期間を通じて同大学の人権委員会委員長でしたので、その縁から携わることになった案件もあります。

刑事裁判の分野や家庭事件(家事・少年)は除き、いわゆる「民事」にかかわる活動だけを挙げました。

略歴・諸活動等

  • 1958年  九州大学卒業
  • 1973年  弁護士登録
  • 1992年  東京弁護士会 司法問題対策委員会 委員長
  • 1999年  日本弁護士連合会 司法改革実現本部 事務局長
  • 2006年  法テラス多摩法律事務所 常勤弁護士

コラム

△このページのTOPへ

大出 良知 弁護士

大出 良知 弁護士の写真

弁護士登録年

2004年(平成16年)

ご挨拶

大学の授業等のため充分に弁護士としての活動ができないまま失礼いたしております。
民事事件を可能な範囲でお引き受けしておりますが、本来専門といたしております刑事弁護については、思うに任せないでおります。大学の方の事情をも勘案しながら刑事事件にも対応したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

略歴・諸活動等

  • 1978年  東京都立大学大学院中途退学
  • 2004年  九州大学法科大学院教授(-2007年)弁護士登録
  • 2007年  東京経済大学現代法学部教授・九州大学名誉教授

著書

コラム

△このページのTOPへ

松縄 昌幸 弁護士

松縄 昌幸 弁護士の写真

弁護士登録年

2009年(平成21年)

ご挨拶

生まれ育った地域で生活する人達の役に立ちたいと思い多摩地域で弁護士登録をして、7年目になりました。
この間、遺言書(公正証書遺言、自筆証書遺言)の作成、遺言執行、遺留分減殺請求、遺産分割、相続放棄等の相続関係事件、成年後見、保佐、任意後見等の後見関係事件(開始決定の申立て、後見人等に就任しての職務遂行)、夫婦関係事件(離婚、財産分与、養育費、婚姻費用分担、慰謝料等)等の家事事件、交通事故や医療過誤等の不法行為、契約責任に基づく各種損害賠償請求事件、借地に関する紛争、賃貸借、売却、共有物分割等の不動産事件等の一般民事事件、債務整理事件(会社・個人の破産、任意整理、過払金返還請求等)、刑事事件(裁判員裁判、少年を含む)や消費者事件(出会い系サイト、先物取引関係等)、原発ADR事件、中小企業の顧問や契約書の作成、企業同士の契約責任の追及等の企業事件等、様々な分野の事件を取り扱ってきました。最近は、相談担当となったり研究会等に参加していることもあり、交通事故や後見関係事件、相続事件のご相談、ご依頼をいただくことが多くなっています。

弁護士というと、敷居が高いとか近寄りがたいと感じ、相談することに二の足を踏む方も多くいらっしゃると思います。自分の抱えている問題が法律問題なのかそうでないのかわからず、弁護士に相談してもいいことなのかわからないという方も多くいらっしゃると思います。そのため、とりあえず自分で対処してみようということで対処してみたものの思うように進まず、かなり事態が進展した段階になって初めて相談に来られる方が多くいらっしゃいますが、もっと早い段階で相談にきていただければ他の選択肢があり、より良い解決に向けたアドバイスができたのに、と思うことも多くあります。事態が進んでしまうと前提ができてしまったり方向性が決まってしまったりして元に戻れず、そのために大きな不利益を蒙ることになってしまうことが往々にしてあります。

また、知識や経験がないため何をしたら良いのかどうしたら良いのかわからず、さらに相手方がいる場合には、相手方が何を言っているのかわからずあるいは何かまずいことを言ってしまって不利になるのではないか等と心配になることも多くあると思います。私自身も経験がありますが、専門家に相談する、頼るということ自体が、大きな安心感につながります。

弁護士として、一人の人間として、困っている方のお役に立てればと思っています。早めにご相談いただければ、それだけお力になれることも多いと思いますので、どんなことでも構いません、お気軽にご相談下さい。

略歴・諸活動等

  • 東京都八王子市出身
  • 桐朋高等学校卒業
  • 一橋大学法学部卒業
  • 一橋大学法科大学院修了
  • 2009年  弁護士登録(第二東京弁護士会)
  • 平成28年度第二東京弁護士会多摩支部消費者問題対策委員会委員長
  • 日弁連交通事故相談センター東京支部自治体(23区外)相談担当)
【所属委員会等】
  • 多摩支部 消費者問題対策委員会所属(平成25年度二弁副委員長)
  • 多摩支部 図書運営チーム所属

コラム

△このページのTOPへ

岸 敦子 弁護士

岸  敦子 弁護士の写真

弁護士登録年

2008年(平成20年)

ご挨拶

司法過疎地での勤務経験から、弁護士が物理的に近いことはもちろん、心理的に近いこと、相談しやすいことの重要性を感じています。相談にいらっしゃる方々は法的問題で困っておられるというだけでなく、精神的にも大変な思いをしておられるということを忘れずに、相談しやすく、かつ頼りがいのある弁護士を目指して日々の業務に取り組んでいきたいと思います。
些細なことだから、人に言うようなことではないからとは思わずに、気になることがあればお気軽にご相談下さい。事前にご連絡いただければ、夜間や休日のご相談もお受けしています。

得意分野

離婚・成年後見・犯罪被害者支援
これまで、成年後見、離婚(夫側、妻側双方)、DV、債務整理、刑事、相続、不動産など、市民の方々の案件を幅広く取り扱ってきました。福祉や行政関係の、他職の方々と共同で取り組む機会も多く頂いています。よろしくお願い申し上げます。

略歴・諸活動等

  • 2004年  一橋大学法学部卒業
  • 2006年  一橋大学法科大学院卒業
  • 2009年01月より1年間  ひめしゃら法律事務所で法テラスのスタッフ弁護士
                 (常勤弁護士)として赴任するための養成を受ける。
  • 2010年01月  高知県東部の法テラス安芸法律事務所に赴任
            (2011年1月より同事務所所長(代表))。
  • 2013年02月  ひめしゃら法律事務所に入所。東京弁護士会所属。
【所属委員会等】
  • 東京弁護士会多摩支部犯罪被害者支援委員会委員長(2018年度)
  • カネボウ美白化粧品白斑被害救済東京弁護団
  • 国立市情報公開及び個人情報保護審議会委員

コラム

△このページのTOPへ

藤原 真由美 弁護士

藤原真由美 弁護士の写真

弁護士登録年

1984年(昭和59年)

ご挨拶

弁護士登録から30年間、港区赤坂にある法律事務所で、様々な民事・刑事・家事・行政事件などに奔走してきました。東日本大震災が発生し、私の生まれ故郷である福島が、津波や放射能ですっかり姿を変えていくのを目の当たりにしたことがきっかけで、平成26年に多摩の地に移り住み、ひめしゃら法律事務所に入所しました。

それから3年。女性からの相談、特に離婚や損害賠償事件の相談を多く受け、スピーディーで、離婚後の生活に不安がないような解決をめざして奮闘してきました。
マンションの売買や不動産賃貸をめぐるトラブル、相続をめぐるトラブルの解決や、トラブル防止のための相談にも、訴訟だけでなく、交渉によって迅速に解決することを心がけています。

この3年間に、立川市・国分寺市などの市役所法律相談を担当し、弁護士会が運営する立川法律相談センター相談員もつとめました。現在は、東京地裁民事調停員や、調布市女性法律相談の担当もしています。
私の略歴をご覧いただくとおわかりのとおり、日本弁護士連合会、第二東京弁護士会、同多摩支部それぞれでの役職者としての経験を積んできました。これらの経験は、客観的・全体的に物事を見、判断していく力をつける上で、大変役にたっています。

みなさま、いつでもお気軽にご相談ください。お電話、お待ちしております。

略歴・諸活動等

  • 1976年  中央大学法学部卒業
  • 1984年  弁護士登録 東京合同法律事務所に入所
  • 2006年  第二東京弁護士会 副会長
           関東弁護士会連合会 常務理事
  • 2007年  新司法試験考査委員(憲法担当) ~2009年まで
           第二東京弁護士会 男女共同参画推進プロジェクトチーム座長
  • 2010年  日本弁護士連合会 憲法委員会事務局長 ~2014年まで
  • 2012年  日本弁護士連合会 秘密保全法対策本部事務局次長
  • 2014年  東京合同法律事務所を退所し、ひめしゃら法律事務所に入所
           日本弁護士連合会 憲法問題対策本部副本部長
  • 2016年04月  第二東京弁護士会多摩支部長(~2017年まで)
             東京地方裁判所民事調停員
【所属委員会等】
  • 日本弁護士連合会 憲法問題対策本部副本部長
  • 日本弁護士連合会 秘密保全法対策本部事務局次長
  • 東京三会多摩支部協議会議長

コラム

△このページのTOPへ

佐々木 洪平 弁護士

佐々木洪平 弁護士の写真

弁護士登録年

2016年(平成28年)

ご挨拶

私は、生まれも育ちも多摩地域です。生まれ育った多摩地域に恩返しがしたい。そんな思いから、多摩地域で弁護士になることを選びました。
多摩地域では、毎日多くの方が活動・生活をしています。ほとんどの方は、自分は法律とは縁がない、そう思いながら日々を過ごされていると思います。しかし、日常の暮らしの中で、ちょっとした法律的な悩みや困ったことに出くわすこともあるかと思います。そのようなときに、気軽に相談に乗り、悩みを解決する手助けができる、そんな弁護士になりたいです。
法科大学院では、とくに労働事件に関心を持ち、学んできました。今後は大学院で学んだ知識を生かしつつ、経験を積み、働く方の権利を守る弁護士になりたいです。
また、多摩地域で身近な問題である横田基地にも関心があります。私の実家は米軍機の飛行経路の下にあり、昼夜関係なく米軍機は飛び交い、時に低空で飛行するため、その騒音に悩まされることもあります。米軍機が自宅近くに墜落する夢まで見てしまうこともありました。現在は、その横田基地公害訴訟の弁護団に参加しています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

得意分野

労働事件、家事事件

略歴・諸活動等

  • 東京都多摩市出身
  • 都立立川高校卒業
  • 中央大学法学部法律学科卒業
  • 中央大学法科大学院修了
  • 2015年09月  司法試験合格
  • 2016年11月  司法修習修了
  • 2016年12月  弁護士登録(第二東京弁護士会)
【所属委員会等】
  • 多摩支部 労働法制に関するプロジェクトチーム所属
  • 多摩支部 修習委員会所属
  • 第2次新横田基地公害訴訟弁護団
  • 新生存権訴訟弁護団

コラム

△このページのTOPへ

鈴木 剛 弁護士

鈴木 剛 弁護士の写真

弁護士登録年

2000年(平成12年)

ご挨拶

多摩地域(東京都あきる野市)で生まれ、その後、東大和市、町田市、国分寺市などを転々としつつ多摩一筋で暮らしています。
この間、民事事件、裁判員事件や冤罪事件の弁護を含む刑事事件、離婚や遺産分割などの家事事件等様々な事件に出会いました。弁護士と依頼者の関係だけでなく、労働組合を始めとする支援者の方、地元地域の方などと力を合わせて事案の解決にあたった経験などを通じて、弁護士の仕事は、法律問題の処理にとどまらないと考えるようになりました。
人間関係のトラブルを抱えられた方、今後の生活設計についてどうすれば良いか、お悩みの方など、依頼者の多くは大きなストレスを持って相談にいらっしゃいます。たちまち解決とは行きませんが、一緒に悩み、答えを見つけて行ければ幸いです。
まずはご相談から、お気軽にご連絡ください。

得意分野

今日まで十数年、多摩地域の地域事務所で勤務してきました。様々な事件が持ち込まれてきます。大体、年間で数十件の案件を扱わせていただいています。その中で、裁判員事件や調停委員、破産管財人や後見人など、幅広い市民事件にチャレンジしてきたと思っています。また、ハンセン病国賠訴訟等の大規模集団訴訟や、地域の大型マンション建設を巡る事件など、まちづくりの問題等にも関わらせていただきました。

略歴・諸活動等

  • 1995年  早稲田大学法学部卒業
  • 2000年  弁護士登録 まちだ・さがみ総合法律事務所入所
  • 2015-16年度 東京弁護士会多摩支部 副支部長
  • 2018年度 日本弁護士連合会代議員
  • 同     東京弁護士会常議員
  • 2018年  弁護士法人まちだ・さがみ総合法律事務所を退所、ひめしゃら法律事務所に入所
【所属委員会等】
  • 東京家庭裁判所立川支部 調停委員
  • 多摩支部研修委員会 2005-2006、2008、2012-14年度委員長
  • 多摩支部憲法に関するプロジェクトチーム 2018年度座長
    等々

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
年末年始休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2018年12月28日(金)~2019年1月6日(日)

お知らせを追加しましたNEW
岸弁護士 成年後見の講演を行いました

 11月10日、岸敦子弁護士は(東京)立川市社協で成年後見に関する講演を行いました。  当日は40人ほどの方々が参加し、質疑応答の時間は、沢山の方から手が挙がり盛会なりました。

エトセトラを追加しましたNEW
事務所旅行に行ってきました

 11月2~3日、事務所旅行として長野県に行きました。途中立ち寄った黒部ダムで記念写真を撮りました。

コラムを追加しましたNEW
自然と人間の共生㉑:民衆の歴史から学ぶ

 紅葉が美しい時期に、なんと桜の開花情報が39都道府県計354件寄せられたそうです。桜の花芽は7月頃にできますが、つけ根にある葉が花芽の成長を抑制する植物ホルモンを送り込むため、ふつうは秋に開花することはありません。が、…

お知らせを追加しましたNEW
1月の定例相談日を掲載しました。

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動