万葉集の時代と多摩川

 万葉集のなかでも、巻十四の東歌と巻二十などの防人の歌は、「庶民の歌」、「地域の歌」として、素朴な味わいを愛好する者は多い。
 私が、朝に夕に老犬と散歩する多摩川を詠んだ歌にも、万葉の時代と庶民の生活をみることができる。

多摩川に さらす手作り さらさらに
何ぞこの児の ここだ愛しき

(巻十四-3373)

 当時は、税(調)として献納するために、武蔵、筑波など各地で麻布が織られていた。「調布」「麻布」という地名にこれが残されている。織った布を白くするために川の流れにさらす。色とりどりの着物を着た女性たちが、姉さんかぶりにたすきがけで川に並んで、麻布を清流に流している。「さらす」から「さらさらに」と続く音感から、麻布がゆらゆらと水に揺れるさまと川の水が「さらさら」と流れる音を感じさせる。その多摩川の景色を見ながら、作者の心はひたすら一人の女性に向けられている。作者は、それを、「何ぞこの児のここだ愛しき」(どうしてこのこはこんなにかわいいんだろう)と歌う。「何ぞ」と「ここだ」の東国なまりが掛け合いになっていて、一気に歌える調子のよさがいい。労働の歌であり、民謡として歌われたものだという。

赤駒を 山野に放し 捕りかにて
多摩の横山 徒歩ゆか遣らん

(巻二十-4417)

 防人椋橋部荒虫(くらはしべのあらむし)の妻宇遅部黒女(うぢべのくろめ)の作とある。天平勝宝7年(755年)2月、防人交替のときの武蔵国豊島郡出身の防人の妻の歌である。防人は九州・壱岐・対馬の辺境を守る兵士である。東国から徴集され、3年交替で、太宰府に送られた。遠い旅路を馬で行かせたいが、赤駒を野に放して捕らえられず、多摩の横山の道を歩いて行かせねばならないのか、という妻の嘆きの歌である。多摩の横山というのは、多摩川の西側の多摩丘陵のことだという。府中市にあった多摩の国府に集合した防人たちは、関戸橋付近から多摩川を渡って多摩丘陵をこえ、鎌倉街道を通って相模の国に入り東海道筋の足柄峠にでたといわれている。これからの長い道のりを歩いていかねばならない夫を思いやる妻の心情が、「とりかにて」と「かちゆかやらん」という東国なまりの簡潔な表現により、強く迫ってくる。

 

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月8日(土)~8月17日(月)

お知らせを追加しました
新型コロナウィルス感染予防の取り組み

 感染予防の飛沫対策として相談室にアクリル板を設置しました。また、相談中は相談室のドアを開いて換気をしますので、ご了承ください。

お知らせを追加しました
8・9月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
7月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
6月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
5月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
アウトドア

今年長男の高校受験だったり次男のサッカーの試合が週末に入ったりで夏休み以降家族で出かけることができず、受験が終わったら春休みは福岡に帰省しようと楽しみに思っていたところ、コロナウィルス感染拡大により福岡行は断念し、悶々と…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動