自然と人間の共生 ⑰:慣れこそ怖いものはない?

 記録的に早い(6月中)の梅雨明けでした。これも温暖化のあらわれでしょうか。
 温暖化で、絶滅が危惧されているアフリカ、マダカスカル島のキツネザルがさらに苦境に追いやられているといいます。キツネザルは竹を食べて生きていますが、温暖化が進み今よりもっと林が乾燥すると、タケノコが手に入らない事態が予想されるからです。
 アメリカやカナダに生息するカンジキウサギは、冬に大量の雪が積もると茶色から白い毛に変わります。いわゆる保護色です。ところが、冬になっても雪が積もらなくなった地域では、茶色のウサギが発見されましたが、遺伝子が異なるそうです。動物は環境の変化で遺伝子も変わってしまうのですね。
 子どもに対する暴力・虐待が深刻になっていますが、暴力や暴言で子どもの脳が変形するといいます。人間の脳は成熟の過程で強いストレスがかかると苦しみを回避しようとして脳の「前頭前野」が委縮するという報告がされています(2018年5月26日付朝日新聞「フロントランナー」友田明美医師のインタビュー)。
 第二次世界大戦下でドイツ軍将兵は何を考えていたのか。殺害に慣れて人が人でなくなる様を書いた「兵士というもの」(みすず書房)もショックでした。捕虜収容所の隠しマイクでの記録では、ドイツ兵が残虐行為について「すごく楽しかった」などと話しているのです。
 人間にとって〝慣れ〟は〝思考停止〟につながります。目の前の生活や仕事に追いまくられるのではなく、事実をリアルに見て、学習し、対話することがとても大事ですね。

【「学習の友」8月号からの転載】

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
11・12月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
わすれないでいたいこと

 毎年、7月26日になると相模原の津久井やまゆり園の事件で突然命を絶たれた19名の方々、ご家族に想いを馳せ、追悼の想いで一日を過ごします。  この事件の特徴は、警察が被害者を一律に匿名で公表するという異例の対応をとったこ…

コラムを追加しました
コロナ禍での裁判所における期日運営

 令和2年1月16日、初めて日本国内での感染確認が認められたコロナウィルスは、気がつけばみるみる感染者を増やし、4月8日には、政府により緊急事態宣言が発令されたことは皆様の記憶にあると思います。コロナ渦そして緊急事態宣言…

お知らせを追加しました
10月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月8日(土)~8月17日(月)

お知らせを追加しました
新型コロナウィルス感染予防の取り組み

 感染予防の飛沫対策として相談室にアクリル板を設置しました。また、相談中は相談室のドアを開いて換気をしますので、ご了承ください。

お知らせを追加しました
8・9月の定例相談日を掲載しました

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動