自然と人間の共生 ⑰:慣れこそ怖いものはない?

 記録的に早い(6月中)の梅雨明けでした。これも温暖化のあらわれでしょうか。
 温暖化で、絶滅が危惧されているアフリカ、マダカスカル島のキツネザルがさらに苦境に追いやられているといいます。キツネザルは竹を食べて生きていますが、温暖化が進み今よりもっと林が乾燥すると、タケノコが手に入らない事態が予想されるからです。
 アメリカやカナダに生息するカンジキウサギは、冬に大量の雪が積もると茶色から白い毛に変わります。いわゆる保護色です。ところが、冬になっても雪が積もらなくなった地域では、茶色のウサギが発見されましたが、遺伝子が異なるそうです。動物は環境の変化で遺伝子も変わってしまうのですね。
 子どもに対する暴力・虐待が深刻になっていますが、暴力や暴言で子どもの脳が変形するといいます。人間の脳は成熟の過程で強いストレスがかかると苦しみを回避しようとして脳の「前頭前野」が委縮するという報告がされています(2018年5月26日付朝日新聞「フロントランナー」友田明美医師のインタビュー)。
 第二次世界大戦下でドイツ軍将兵は何を考えていたのか。殺害に慣れて人が人でなくなる様を書いた「兵士というもの」(みすず書房)もショックでした。捕虜収容所の隠しマイクでの記録では、ドイツ兵が残虐行為について「すごく楽しかった」などと話しているのです。
 人間にとって〝慣れ〟は〝思考停止〟につながります。目の前の生活や仕事に追いまくられるのではなく、事実をリアルに見て、学習し、対話することがとても大事ですね。

【「学習の友」8月号からの転載】

コラム一覧ページへ

お気軽にご相談ください。
042-548-8675
電話受付時間 平日午前9:30~午後5:30

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
10月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しましたNEW
言葉の旅

 法律事務所で働いていると毎日たくさんの電話を受けるのですが、中には北海道や沖縄など遠く離れた地域からかかってくるものもあります。なじみのないアクセントやイントネーションからその地域に思いをはせたり、話し方から相手の人柄…

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【休業期間】
8月7日(土)~8月16日(月)

コラムを追加しました
映画「東京クルド」が私たちに投げかけるもの

 2021年、出入国管理及び難民認定法(入管法)の改正案が国会に出されました。  現行法では、人種、宗教、国籍、特定の社会的集団の構成員であること又は政治的意見を理由として迫害を受けるおそれがある場合に、故郷を追われて来…

お知らせを追加しました
8・9月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
7月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
【書籍出版のお知らせ】

宮本 康昭弁護士と大出 良知弁護士の本が、出版されました。

「再任拒否と司法改革─司法の危機から半世紀、いま司法は」

宮本 康昭・大出 良知 著

定価:税込 2,200円(本体価格 2,000円)
発刊年月:2021.04
ISBN:978-4-535-52526-9

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動