自然と人間の共生 ⑰:慣れこそ怖いものはない?

 記録的に早い(6月中)の梅雨明けでした。これも温暖化のあらわれでしょうか。
 温暖化で、絶滅が危惧されているアフリカ、マダカスカル島のキツネザルがさらに苦境に追いやられているといいます。キツネザルは竹を食べて生きていますが、温暖化が進み今よりもっと林が乾燥すると、タケノコが手に入らない事態が予想されるからです。
 アメリカやカナダに生息するカンジキウサギは、冬に大量の雪が積もると茶色から白い毛に変わります。いわゆる保護色です。ところが、冬になっても雪が積もらなくなった地域では、茶色のウサギが発見されましたが、遺伝子が異なるそうです。動物は環境の変化で遺伝子も変わってしまうのですね。
 子どもに対する暴力・虐待が深刻になっていますが、暴力や暴言で子どもの脳が変形するといいます。人間の脳は成熟の過程で強いストレスがかかると苦しみを回避しようとして脳の「前頭前野」が委縮するという報告がされています(2018年5月26日付朝日新聞「フロントランナー」友田明美医師のインタビュー)。
 第二次世界大戦下でドイツ軍将兵は何を考えていたのか。殺害に慣れて人が人でなくなる様を書いた「兵士というもの」(みすず書房)もショックでした。捕虜収容所の隠しマイクでの記録では、ドイツ兵が残虐行為について「すごく楽しかった」などと話しているのです。
 人間にとって〝慣れ〟は〝思考停止〟につながります。目の前の生活や仕事に追いまくられるのではなく、事実をリアルに見て、学習し、対話することがとても大事ですね。

【「学習の友」8月号からの転載】

コラム一覧ページへ

お気軽にご相談ください。
042-548-8675
電話受付時間 平日午前9:30~午後5:30

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
少年犯罪激減の中での厳罰化進行

1.いつかもどこかに書いたような気がするけど、少年の犯罪の減少は今も止まりません。  一番新しい司法統計年報では2020年の少年犯罪の数は全国で5万1485件で、1990年が50万2757件ですから30年で実に10分の1…

お知らせを追加しましたNEW
岸敦子弁護士「市民後見人」養成講座で講師をしました

 岸敦子弁護士が10月14日に東京・立川市社会福祉協議会の「市民後見」についての企画で講演を行いました。

お知らせを追加しましたNEW
11・12月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
通信販売等に関する特定商取引法の改正について

1 定期購入に関する消費生活相談件数の大幅な増加等を受け、消費者の脆弱性につけ込む悪質商法に対する抜本的な対策強化等のため、「消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律」が…

お知らせを追加しました
9・10月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月13日(土)~8月21日(日)

お知らせを追加しました
佐々木洪平弁護士「揉めないための老い支度」で講演

 佐々木洪平弁護士が7月28日に東京・東大和市社会福祉協議会の企画で講演を行いました。タイトルは「揉めないための老い支度」で、成年後見や相続に関するお話しをしました。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動