こころの島

 中学2年生の時、ミクロネシア連邦のある島で過ごしました。
 出発直前まで用意もせず、全く行く気がなかった私。母親が荷物を用意し、背中を押されて私は嫌々ながら飛行機に乗ったのでした。

 はじめて家族と長期間離れて過ごしたのは、電気も水道もない小さな村。
 トイレは海の上に作られた手作りの小屋らしきもの。バナナの葉っぱを編んだ家に寝泊まりし、椰子の実を採り、マングローブが生い茂るジャングルから採ってきたオレンジや木の実、バナナ、海で仕掛けてとった魚などで生活します。
 現地の人は、男性はふんどし、女性は植物を編んだ腰みの。男女ともに上半身は何も着ません。
 
 満月の夜に月明かりの下、波打ち際にたくさんあがってきた蟹たちを村の人たちと共に夢中で捕まえたことをよく覚えています。昼間は子供たちと一緒に木にぶら下がって、どこまで飛べるか競争したりして、楽しく過ごしました。
 いつの間にかすっかり村での生活に順応して、裸足で元気に過ごしていたのでした。

 当時、ぱっとしない中学生生活で鬱屈していた私は「生きている」ことを実感し、生まれてはじめて「何にもないのに、このしあわせってなんだろう」と考えました。

 思い出すのは、村の人たちの生き生きした笑顔。
 犬たちが呑気に浜辺で昼寝をしている姿。
 真っ青な空とあたたかい海の浜辺。

 自然にあるモノ、自然界で起こる現象を日々の暮らしに活用し、工夫し、助け合いながら生きることの力を体感して日本に戻ってきました。

 島での経験は大人になるまで、たびたび私の心の原点となっています。
 学校や自分のいる社会が窮屈に思えた時。
 島を思うと、世界はここだけではない、ちっぽけな悩みごとだなと思えたのでした。

 現在、母親になった私には発達に凸凹がある個性的な娘がいます。
 日本の画一的な一斉教育に当てはめようとするとしんどいところですが、順調にはみ出す娘の姿を愛おしく、楽しく見守ることはできています。それも、私の心の中に南の島があるからではないかと思っています。

 先にも後にも無理矢理という事がなかった親ですが、四姉妹全員をある時期、それぞれ海外(不自由なところ)に出すと決めて実行した親には今更ながら感謝しています。

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
年末年始休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2018年12月28日(金)~2019年1月6日(日)

お知らせを追加しましたNEW
伊東憲二弁護士が1月から入所します。

 法テラス養成スタッフ弁護士として伊東憲二弁護士がひめしゃら法律事務所に2019年1月から執務を開始します。  一年間弁護士業務を研修した後に、司法過疎地に法テラスの弁護士として赴任する予定となっております。

コラムを追加しましたNEW
大丈夫

 おばあちゃんが亡くなる直前に、どこか痛くない?などと母が聞くと「大丈夫、大丈夫」とゆっくりと言ったそうで、何十年も前のことなのに、母はそのことばを宝物のようにいまでも心にしまっている。「あなたのこれからの人生も大丈夫だ…

お知らせを追加しました
岸弁護士 成年後見の講演を行いました

 11月10日、岸敦子弁護士は(東京)立川市社協で成年後見に関する講演を行いました。  当日は40人ほどの方々が参加し、質疑応答の時間は、沢山の方から手が挙がり盛会なりました。

エトセトラを追加しました
事務所旅行に行ってきました

 11月2~3日、事務所旅行として長野県に行きました。途中立ち寄った黒部ダムで記念写真を撮りました。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動