大丈夫

 おばあちゃんが亡くなる直前に、どこか痛くない?などと母が聞くと「大丈夫、大丈夫」とゆっくりと言ったそうで、何十年も前のことなのに、母はそのことばを宝物のようにいまでも心にしまっている。「あなたのこれからの人生も大丈夫だよ」とおばあちゃんに言ってもらえたと受け止めたらしい。それを聞いた私も「大丈夫」ということばがすきになった。

 思春期になると悩みが増え、大人になればまた別の悩みごとがでてくる。その度にそれを解決していく為の「大丈夫」になる方法やヒントを学生時代に出会った先生や友人が教えてくれていたことを時折思いだす。
 悲しいときには無理に明るくせず、例えば暗い部屋で悲しい音楽を聴いた方が心が落ち着くと教えてくれたのは高校の時の国語の先生だった。
 悩みを分解して考える方法を教えてくれたのは中学校の国語の先生。これはいまでもよく実践している方法だ。あれも考えなきゃ、これもしなきゃと、悩みがわっと押し寄せて、すべてがダメになりそうな時に一つずつ分解して優先順位をつけて考える。そうすると、これはこうすれば大丈夫、この件は今考えなくて大丈夫、このことだけ今悩もう、と整理されて、意外にすべてが大した悩みではないことに気付き、「大丈夫」になるのだ。
 親友が教えてくれたのは「大丈夫、明日になれば今日は昨日」ということばだった。今日は辛いことがあっても一生続くわけではない。“明日は明日の風が吹く”のだから大丈夫。これは私の座右の銘となった。

 このように、私にとっての「大丈夫」とは励ましの意味で使っているが、世間では、「結構です」の意味で使うことが増えてきているという。お水のおかわり大丈夫ですか?大丈夫です。という必要、不必要を表す意味を国語辞典でも(俗)と断りを入れながらも「大丈夫」の用法拡大を受け入れつつあるそうだ。また、味のおいしい、まずいまでもカバーしつつあるようで、前回のコラムで書いた『やばい』ということばと同様、現代に合わせて変化していることばの一つである。でもやはり私は応援するための「大丈夫」がすきだ。

 今年の夏、世界女子ソフトボールの大会が千葉で行われた。アメリカとの決勝戦、延長10回、これで打たれたら負け、という場面でエース上野由岐子投手がマウンドで「大丈夫、大丈夫」とつぶやいているのが画面から読み取れた。きっと強いメンタルを持っている人だろうけれど、「大丈夫」と自分を励ましている姿に親近感を抱くとともに、心が熱くなった。

 ひめしゃら法律事務所には「大丈夫」と言ってくれる先生がいる。
 きっと今抱えているみなさまの悩みも「大丈夫」になりますよ。

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
6月の定例相談日を掲載しました。

 

お知らせを追加しました
ゴールデンウィーク休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【休業期間】
4月28日(日)~5月6日(月)

お知らせを追加しました
杉野公彦弁護士が「生活の落とし穴」をテーマに講演しました。

 3月16日に、杉野公彦弁護士がトムハウス(東京・多摩市)にて、電子マネーなど暮らしの中の思わぬトラブルに、巻き込まれないためのアドバイスを中心に講演を行いました。逮捕・勾留されたらどうなるか、バイトテロをやってしまった…

お知らせを追加しました
岸敦子弁護士が中学校で講演しました。

 3月2日、府中第三中学校の一年生を対象に「生き方学習」の一環として岸敦子弁護士が弁護士の仕事について講演しました。参加した20人ほどの学生のみなさんからいくつも質問が出され大変関心をもって聞いていたことがうかがえます。

お知らせを追加しました
4・5月の定例相談日を掲載しました。

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動