遺言について(相続法改正に関連して)

去年(2018年)の7月に、国会で民法など(民法及び家事事件手続法の一部改正、遺言書保管法)の改正案が可決、成立し、1980年以来の、約40年ぶりの相続法の大幅見直しが決まりました。
この中で最も大きく報道されたのは「配偶者居住権」という制度の新設ですが、私が気になった改正点は、その他にもいろいろあります。その中でも、一般の方々にも直接の影響があると思われるのは、自筆証書遺言の方式緩和ので、ここでご紹介いたします。2019(平成31)年1月13日施行ですので、既に実施されています。

法務省のホームページによると、「全文の自書を要求している現行の自筆証書遺言の方式を緩和し,自筆証書遺言に添付する財産目録については自書でなくてもよいものとする。ただし,財産目録の各頁に署名押印することを要する。」というのが今回の改正です。
「全文の自書」というのは遺言書の最初から最後まで自分の手で書く、ということです。そうすることで、その人本人が自分の意思で書いたものだ、ということの証明になる、という趣旨なのだと思います。そのため、パソコンで作成したものを印刷したり、録音や録画で自分の意思を残しておいても、法律上は「遺言」とは扱われませんでした。
しかし、民法が定められた当時とは時代が変わり、財産の内容も、権利関係も複雑になり、それにしたがって、遺言に書く内容も複雑化してきました。また、本格的な高齢化社会が到来し、「終活」も盛んになる中で、遺言が残しやすい環境を整えることは社会的な要請でもあるため、今回の改正につながったと思われます。

財産目録は、不動産であれば所在地の番地や地目・面積などを、預貯金であれば金融機関名や口座番号などを正確に記載して特定する必要があるため、手書きで逐一記載するのは大変な部分です。
これについて、今回の改正では「全文自書」という厳格な方式が緩和され、財産目録に限っては自書が要求されなくなりました。財産目録だけは遺言者本人がパソコン等で作成してもよいですし、遺言者以外の人が作成することもできます。土地や建物について登記事項証明書を財産目録として添付することや、預貯金について通帳の写しを添付することもできます。
いずれの場合であっても,財産目録の各頁に署名押印する必要がありますし、「添付」する場合ですので、遺言書本文(これについては引き続き自書が必要です)と同じ紙に記載することはできません。

この改正により、自筆証書遺言の作成は以前に比べるとだいぶ楽になったと思います。とは言っても、遺言者の死亡後に家庭裁判所での検認も必要な上に、紛失や改ざんのおそれも比較的大きいと言わざるを得ません。2020(令和2)年7月10日から始まる自筆証書遺言の法務局の保管制度ではこれらの点についても配慮がされていますので、自筆証書遺言の場合は、この制度を利用していくのが良いと思います。
ただ、遺言として有効かどうか、遺言をした方の期待したような効果が発生するかどうかについては、記載の方法・内容等によっても変わってきます。その部分に関しては、やはり自筆証書遺言の場合は少し不安が残ります。自筆証書遺言を否定する気は全くありませんし、この改正により遺言を残す方が少しでも増えて欲しいと願っていますが、弁護士としてのイチオシはやはり、これまでどおり、公正証書遺言だと考えています。

コラム一覧ページへ

お気軽にご相談ください。
042-548-8675
電話受付時間 平日午前9:30~午後5:30

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
通信販売等に関する特定商取引法の改正について

1 定期購入に関する消費生活相談件数の大幅な増加等を受け、消費者の脆弱性につけ込む悪質商法に対する抜本的な対策強化等のため、「消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律」が…

お知らせを追加しました
9・10月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月13日(土)~8月21日(日)

お知らせを追加しました
佐々木洪平弁護士「揉めないための老い支度」で講演

 佐々木洪平弁護士が7月28日に東京・東大和市社会福祉協議会の企画で講演を行いました。タイトルは「揉めないための老い支度」で、成年後見や相続に関するお話しをしました。

お知らせを追加しました
7・8月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
免田事件が残したものは

 もう1年半ほど前のことになりますが、免田栄さんが、95歳で亡くなりました。というだけでは、誰のことか分からないという方も多いかもしれません。死刑判決が確定していたにもかかわらず、1983年7月15日に一転裁判のやり直し…

お知らせを追加しました
静井静子弁護士が4月よりコラム連載開始

 杉井静子弁護士が『婦民新聞』(月3回発行)誌上で「ひめしゃらのつぶやき」というタイトルのコラムを始めました。ご関心のある方は婦人民主クラブ(電話03-3478-2317)にお問い合わせください。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動