コラム21:事務局員 森元 衆代

バックラッシュ

2013.2.15 事務局員 森元 衆代

 2012年総選挙後、「日本の国会議員の多くが改憲に賛成であることは非常に残念です。憲法9条は世界にとってのモデルで、逆戻りしたら大きな損失」との発言を残して、ベアテ・シロタ・ゴードンさんが、昨年12月30日89才で亡くなりました。日本国憲法草案作成に携わり「男女平等に関する条項」を提案した米国人女性です。その精神は憲法14条、「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」に生かされています。

 国民が幸せに生きることや教育を受けること、勤労が権利として謳われた新しい憲法の下、女性の社会進出もすすみ、課題はあるものの1990年代には、男女雇用機会均等法、男女共同参画社会基本法ができ、その実現を目指す施策も取り組まれきました。そんな中、林業白書(2011年度版)によると、林業就業者4万6618人中、女性が7015人(15%)を占めていて、近年農林水産業全体の就労者数が減っているのに、唯一林業だけが35才未満の若い人の就業が増えているそうです。

 一方で、国際労働機関(ILO)の年次報告書「世界の雇用情勢-女性編」による労働市場の男女格差も、先進34カ国が加盟する経済協力開発機構(OECD)の報告の男女間給与格差も90年代縮小傾向であったものが、2007年以降再び拡がり、2012年末の報告による給与の中央値で比べると、子どものいる女性は61%低く、先進国の中でワースト1なのだそうです。女性の生きにくい社会は、本質的に99%の人が生きにくい社会です。

 また、1992年から始まった内閣府の「男女共同参画社会に関する世論調査」での「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という考え方についての調査結果は、1992から2009年まで賛成が減る傾向で反対が徐々に上まわっていました。しかし、昨年末の報告によると、賛成51.6%、反対45.1%と反転、賛成が15年ぶりに上まわり、特に20代で賛成が19.3%増の50%、反対が20.5%減の46.6%と大きく変動しています。

 最近の報道によると、維新の会は憲法96条の改正を今国会に発議すると息巻いているそうです。2006年の教育基本法改悪、2007年国民投票法成立と、したたかに憲法「改正」を目論み、時期を待つ安倍首相は、昨年11月米国ニュージャージー州の地元紙スターレッジャー(約37万部)に掲載された「慰安婦」問題を否定する意見広告に賛同者として名を連ねています。

 昨今とみに物忘れのひどい私ですが、決して忘れてはいけないことがあると思います。知らなければならないこと、深く考えねばならぬことも。その人の名は知らず、走るのは無理にしても、後に続く者を信じてせめて歩こうと思っています。

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【休業期間】
8月9日(金)~8月16日(金)

お知らせを追加しましたNEW
杉井嚴一弁護士をしのぶ会が執りおこなわれました

 7月5日、アルカディア市ヶ谷で開かれました「杉井嚴一弁護士をしのぶ会」は、250人を超える参加者のもと、心のこもったあいさつやトランペットの演奏、スライドショーもあり、故人をしのぶ心暖まる「いい会」だったとの多くの感想…

お知らせを追加しましたNEW
杉野公彦弁護士がセクハラ・パワハラ防止策に関する講演をしました

 7月27日(土)、東京都多摩市の関戸・一ノ宮コミュニティセンター「つむぎ館」において、杉野公彦弁護士がやさしい法律講座企画でセクハラ・パワハラ防止策について講演をおこないました。30人ほどの方々が出席されました。

お知らせを追加しましたNEW
鈴木剛弁護士が相続に関する講演をしました

 7月25日(木)、東京都東大和市社会福祉協議会にて「これで安心!老いの支度(相続編)」というテーマで講演をおこない、40人の方々が参加され、熱心に講演を聴いておられました。

お知らせを追加しましたNEW
8月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
7月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
遺言について(相続法改正に関連して)

 去年(2018年)の7月に、国会で民法など(民法及び家事事件手続法の一部改正、遺言書保管法)の改正案が可決、成立し、1980年以来の、約40年ぶりの相続法の大幅見直しが決まりました。  この中で最も大きく報道されたのは…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動