コラム21:事務局員 森元 衆代

バックラッシュ

2013.2.15 事務局員 森元 衆代

 2012年総選挙後、「日本の国会議員の多くが改憲に賛成であることは非常に残念です。憲法9条は世界にとってのモデルで、逆戻りしたら大きな損失」との発言を残して、ベアテ・シロタ・ゴードンさんが、昨年12月30日89才で亡くなりました。日本国憲法草案作成に携わり「男女平等に関する条項」を提案した米国人女性です。その精神は憲法14条、「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」に生かされています。

 国民が幸せに生きることや教育を受けること、勤労が権利として謳われた新しい憲法の下、女性の社会進出もすすみ、課題はあるものの1990年代には、男女雇用機会均等法、男女共同参画社会基本法ができ、その実現を目指す施策も取り組まれきました。そんな中、林業白書(2011年度版)によると、林業就業者4万6618人中、女性が7015人(15%)を占めていて、近年農林水産業全体の就労者数が減っているのに、唯一林業だけが35才未満の若い人の就業が増えているそうです。

 一方で、国際労働機関(ILO)の年次報告書「世界の雇用情勢-女性編」による労働市場の男女格差も、先進34カ国が加盟する経済協力開発機構(OECD)の報告の男女間給与格差も90年代縮小傾向であったものが、2007年以降再び拡がり、2012年末の報告による給与の中央値で比べると、子どものいる女性は61%低く、先進国の中でワースト1なのだそうです。女性の生きにくい社会は、本質的に99%の人が生きにくい社会です。

 また、1992年から始まった内閣府の「男女共同参画社会に関する世論調査」での「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という考え方についての調査結果は、1992から2009年まで賛成が減る傾向で反対が徐々に上まわっていました。しかし、昨年末の報告によると、賛成51.6%、反対45.1%と反転、賛成が15年ぶりに上まわり、特に20代で賛成が19.3%増の50%、反対が20.5%減の46.6%と大きく変動しています。

 最近の報道によると、維新の会は憲法96条の改正を今国会に発議すると息巻いているそうです。2006年の教育基本法改悪、2007年国民投票法成立と、したたかに憲法「改正」を目論み、時期を待つ安倍首相は、昨年11月米国ニュージャージー州の地元紙スターレッジャー(約37万部)に掲載された「慰安婦」問題を否定する意見広告に賛同者として名を連ねています。

 昨今とみに物忘れのひどい私ですが、決して忘れてはいけないことがあると思います。知らなければならないこと、深く考えねばならぬことも。その人の名は知らず、走るのは無理にしても、後に続く者を信じてせめて歩こうと思っています。

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
6月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しましたNEW
最高裁判事の半数を女性にしたらいかが?

1 今日は憲法記念日。それにふさわしく、ちまたではあまり議論されていない、最高裁と男女共同参画のお話をひとつ。 2 ひと月ほど前に、世界経済フォーラム(MEF)が発表した男女平等ランキングによると、男女平等の達成度は、日…

コラムを追加しました
コロナ禍のペットブームから思うこと

 長引くコロナ禍によるおうち時間の増加や自粛生活のストレスから生活に癒しを求めてペットを飼う人が増えていて、ペットショップでは子犬・子猫の販売数が昨年の2倍に増えたとのニュースを目にする機会が多くありました。  しかしそ…

お知らせを追加しました
4・5月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
映画「国民の選択」

1. 今月の11日で,東日本大震災と福島第一原発事故から10年になります。現在,帰還困難区域がある7市町村にはいまだ避難指示が出されており,4年前に避難指示が解除された浪江町でも,現在の居住者数は,震災前の1割程度となっ…

コラムを追加しました
城の崎にて~城崎裁判

 Go Toキャンペーンが停止してから2ヶ月ほど経ちました。新型コロナの新規感染者数は減少傾向にあるものの、旅行に行くことがなかなかできない状況にあるかと思います。  そこで、このコラムで旅行に行った気分を味わえるよう、…

お知らせを追加しました
志賀 貴光 弁護士が入所いたしました

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動