コラム42:戦後70年

2015.6.1 事務局員 日下 努

 みなさんもご承知のように、今年は戦後70年の年となります。

 それとあまり世間的に話題にはなっていませんが、昨年は第1次世界大戦勃発(1914年)から100年が経ちました。第1次世界大戦をテーマにした特集番組をNHKのBS放送等では放送していました。また、ヨーロッパ各地でも記念行事が行われていました。

 100年前の世界大戦は、オーストリアの皇太子が暗殺されたことをきっかけに始まり、オーストリア・ドイツ・オスマントルコ等の同盟と、イギリス・フランス・ロシア等の連合が繰り広げた大戦争となりました。ヨーロッパで始まった戦争がアフリカやアジアといった世界各地にも拡大し、総力戦と呼ばれる国力を総動員した戦いになったことが特徴とされています。また、毒ガスや飛行機・戦車等の登場にみられるように科学の発展が、戦争の被害をいっそう拡大させ、未曾有の惨禍をもたしました。

 当時日本は、イギリスとの軍事同盟である「日英同盟」に基づいて、中国や南太平洋の島々のドイツ領に対して、軍事侵攻・占領をしました。このように軍事同盟が自動的に戦争参加の装置となっていました。

 そして第1次世界大戦の教訓がいかされないまま日本と世界は、日中戦争・太平洋戦争と第2次世界大戦へと突き進むことになります。これらの教訓は、大国の支配を許さない、民族自決権・人権の尊重、戦争の違法化等々があげられます。

 日本は戦後のスタートラインとして日本国憲法を制定しました。現在の憲法です。言うまでもなく、戦前の反省の上に、主権在民を規定し、軍備も含め戦争放棄等が明記されました。

 現在、安倍さんは国会内における虚構の多数議席を力に憲法を改悪して、アメリカとの軍事同盟機能をいっそう強化し、安保法案(戦争立法)を制定させ、集団的自衛権を行使できるようにして本格的に自衛隊の海外派兵を企んでいます。また、国内では秘密保護法にみられるような国民の声を封じ込むための国民監視の法制度を作ろうとしています。

 20世紀に2度にわたる大戦争の教訓から学ぼうとしない姿勢では、明るい未来はみえてきません。とりわけ日本は、アジア太平洋地域で引き起こした戦争によって甚大な被害を与えてしまった戦争加害者であり、憲法9条を投げ捨てることには周辺諸国から強い懸念の声を上がっており、軍事的緊張をつくり出す要因となります。

 今年3月に来日したドイツの首相は講演で「過去の総括が和解の前提」であり、同じ戦争加害国であったドイツの経験をふまえて過去ときちんと向き合うことが国際社会に受け入れられるためには必要であると強調していました。

 戦後70年の節目に日本の姿勢が問われる1年となります。

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
少年犯罪激減の中での厳罰化進行

1.いつかもどこかに書いたような気がするけど、少年の犯罪の減少は今も止まりません。  一番新しい司法統計年報では2020年の少年犯罪の数は全国で5万1485件で、1990年が50万2757件ですから30年で実に10分の1…

お知らせを追加しましたNEW
岸敦子弁護士「市民後見人」養成講座で講師をしました

 岸敦子弁護士が10月14日に東京・立川市社会福祉協議会の「市民後見」についての企画で講演を行いました。

お知らせを追加しましたNEW
11・12月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
通信販売等に関する特定商取引法の改正について

1 定期購入に関する消費生活相談件数の大幅な増加等を受け、消費者の脆弱性につけ込む悪質商法に対する抜本的な対策強化等のため、「消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律」が…

お知らせを追加しました
9・10月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月13日(土)~8月21日(日)

お知らせを追加しました
佐々木洪平弁護士「揉めないための老い支度」で講演

 佐々木洪平弁護士が7月28日に東京・東大和市社会福祉協議会の企画で講演を行いました。タイトルは「揉めないための老い支度」で、成年後見や相続に関するお話しをしました。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動