コラム43:相続人調査

2015.7.1 事務局員 両部 奈緒

 遺産分割や公正証書遺言の作成など、相続関係の事件の多くで、相続人を確定するため戸籍を取り寄せて相続人調査を行っています。戸籍をずっとさかのぼっていくと、戦前の家制度時代の戸籍にたどりつくことが度々あります。戦後の戸籍も筆頭者は圧倒的に男性が多いですが、戦前の家制度時代の戸籍は、基本的には戸主は男性です。選択できず、女性が夫の家に嫁ぐという考え方だったのだ、というのがよくわかります。

 しかし時々、戦前の戸籍や、戦後に改製された戸籍(戦前にあった戸籍を民法改正などで作り直したもの)で、女性が戸主や筆頭者のことがあります。離婚したとか、婿養子をとった、改製前に夫が亡くなっていたため、などの理由があります。

 かつて、戦後のもので筆頭者が女性の戸籍を、必要があってさかのぼって取り寄せしたことがあります。彼女が筆頭者なのはなぜだろうと思っていたら、離婚でも婿養子でもなく、終戦前に夫が亡くなっていたからでした。しかも、戦地で戦死との記載がありました。相続人調査だったので、彼女の兄弟の戸籍も取り寄せましたが、男性の人はほとんど、そして女性の人の配偶者のほとんどが戦争に行って亡くなっていました。70年前の戦争で、本当に多くの人が犠牲になっていたのだと、改めて感じました。

 相続人調査では、戦後の戸籍もたくさん見ます。しかし、戦後の戸籍で、戦死の記載は見たことがありません。今の憲法のおかげだと思います。

 今の国会で審議されている戦争法案が通ってしまうと、また戦死の記載が出てくるようになるかもしれません。かつて「フィリピン沖で戦死」などと記載されたように「イラク上空で戦死」などと書かれるのでしょうか。
 そんな時代は来てほしくはないと思います。

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
10月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しましたNEW
言葉の旅

 法律事務所で働いていると毎日たくさんの電話を受けるのですが、中には北海道や沖縄など遠く離れた地域からかかってくるものもあります。なじみのないアクセントやイントネーションからその地域に思いをはせたり、話し方から相手の人柄…

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【休業期間】
8月7日(土)~8月16日(月)

コラムを追加しました
映画「東京クルド」が私たちに投げかけるもの

 2021年、出入国管理及び難民認定法(入管法)の改正案が国会に出されました。  現行法では、人種、宗教、国籍、特定の社会的集団の構成員であること又は政治的意見を理由として迫害を受けるおそれがある場合に、故郷を追われて来…

お知らせを追加しました
8・9月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
7月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
【書籍出版のお知らせ】

宮本 康昭弁護士と大出 良知弁護士の本が、出版されました。

「再任拒否と司法改革─司法の危機から半世紀、いま司法は」

宮本 康昭・大出 良知 著

定価:税込 2,200円(本体価格 2,000円)
発刊年月:2021.04
ISBN:978-4-535-52526-9

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動