わすれないでいたいこと

 毎年、7月26日になると相模原の津久井やまゆり園の事件で突然命を絶たれた19名の方々、ご家族に想いを馳せ、追悼の想いで一日を過ごします。
 この事件の特徴は、警察が被害者を一律に匿名で公表するという異例の対応をとったことだったと思います。そこに根深い社会の歪みを感ぜざるを得ませんでした。
 簡単に話せることではありませんが、匿名にせざるを得なかった社会の厳しい視線があること、遺族の方々が置かれている現実があること。何よりも、そこに蓋をしたことに、事件の本質があるのではないかと思いました。

 4年経った今、一部のご遺族の方が被害者のことを語り始めて下さっています。亡くなったひとりひとりの方がどんな表情をしていたのか、どんなことが好きで、苦手だったのか等々、どのような時間を過ごし、人生を送っていたのか知りたいと思います。
 事件の事を思うと心がえぐられるような悲しい気持ちになりますが、これからも犠牲者のことを想い続け、「じぶんごと」として捉えていこうと思っています。
 偏見や差別心は誰もが少なからず持っているもので、無くならないものだと思いますが、ハンディをもっているからといって不幸だと決めつけてしまうことや無関心でいることはちがうのだろうと思います。

 コロナ禍で、人は人と関わって生きていくことが大切だと再認識したと同時に、人はそれぞれ異なる価値観を持っていることも改めて実感しました。多様な人達と暮らしていくためにはどうしたらいいのか、認め合うって何だろう…?と度々考えさせられた時期でもありました。

 すこし話は変わりますが、今年のひめしゃら法律事務所のニュースの対談は、株式会社サイボウズの青野社長でした。男性ではじめて夫婦別姓の訴訟を起こした青野社長ですが、お話の中で一番心に残ったのは「多様性を認める」というコトバには違和感を覚える、「人はそもそも多様だよね!」と仰っていたことでした。
 差別はなかなか世の中からなくならないし、他者を「理解して、認めること」ってむずかしい。
 それよりも、人はみんな違う、違った一人一人がしあわせになるために、誰もが主体的に選択できるような社会になるように実績をつくっていく。そうした前向きな言葉と行動力にとてもとても勇気を頂きました。
 ニュースはこれから発行予定ですので、ぜひご覧いただければと思います。

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
6月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しましたNEW
最高裁判事の半数を女性にしたらいかが?

1 今日は憲法記念日。それにふさわしく、ちまたではあまり議論されていない、最高裁と男女共同参画のお話をひとつ。 2 ひと月ほど前に、世界経済フォーラム(MEF)が発表した男女平等ランキングによると、男女平等の達成度は、日…

コラムを追加しました
コロナ禍のペットブームから思うこと

 長引くコロナ禍によるおうち時間の増加や自粛生活のストレスから生活に癒しを求めてペットを飼う人が増えていて、ペットショップでは子犬・子猫の販売数が昨年の2倍に増えたとのニュースを目にする機会が多くありました。  しかしそ…

お知らせを追加しました
4・5月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
映画「国民の選択」

1. 今月の11日で,東日本大震災と福島第一原発事故から10年になります。現在,帰還困難区域がある7市町村にはいまだ避難指示が出されており,4年前に避難指示が解除された浪江町でも,現在の居住者数は,震災前の1割程度となっ…

コラムを追加しました
城の崎にて~城崎裁判

 Go Toキャンペーンが停止してから2ヶ月ほど経ちました。新型コロナの新規感染者数は減少傾向にあるものの、旅行に行くことがなかなかできない状況にあるかと思います。  そこで、このコラムで旅行に行った気分を味わえるよう、…

お知らせを追加しました
志賀 貴光 弁護士が入所いたしました

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動