分断の壁に

2023年10月7日に起きたパレスチナのガザ地区を実効支配する政治組織ハマスによるイスラエルへの前例のない攻撃とそれに対するイスラエルの報復攻撃による武力衝突は今なお激化しており、被害は拡大の一途をたどっています。
双方多くの民間人が犠牲になり、パレスチナのガザ地区では外部との行き来ができず逃げ場をなくした人々が多数取り残されています。

パレスチナとイスラエルとの間にはこれまで何度も衝突が起こっており、問題解決への難しさを感じずにはいられません。
イスラエルはテロリストから自国の住民を守るという名目のもとパレスチナとの間に2002年から分離壁を建設しはじめ、いまや全長700㎞以上に及んでいますが、壁の位置は国連が定めたラインよりもパレスチナ側に入ってきており領土の侵攻として更なる火種となっています。

神出鬼没のストリートアーティスト・バンクシ―は2003年、その分離壁に《Love is in the Air-愛は空中に-》を描きました。
強力な武器を使うイスラエル軍に対し、パレスチナの青年たちは投石で立ち向かった「インティファーダ(民族決起)」を背景に描かれており、石の代わりに色鮮やかな花束を投げる青年の絵を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

バンクシ―は「この分離壁のせいで、パレスチナは世界最大の野外刑務所になった」と語っており、その後もパレスチナを訪れ、イスラエル兵に狙撃される危険を冒しながらも分離壁に9つもの作品を残しています。
たくさんの風船を持った少女が宙に浮き壁を越えていくような作品《Girl With Balloon-少女と風船-》では壁の撤去と移動の自由を求める住民の願いを反映し、だまし絵的に描かれた《Unwelcome Intervention-壁の向こう側の景色-》ではパレスチナの人々には見ることが許されない鮮やかな景色が壁の向こうに広がっていることを痛感させられます。

また、2017年には分離壁の目の前に「The Walled Off Hotel-世界一眺めの悪いホテル-」を建設しました。
どの部屋からも分離壁とイスラエル軍の監視塔を見ることができるというホテルは趣旨を通じてイスラエルに対し痛烈な批判をしています。
世界中から多くの観光客が訪れるこのホテルにはバンクシ―の作品はもちろんのこと、地域の歴史や分離壁について解説した小博物館も入っており、パレスチナ問題を考えるきっかけを与えてくれています。

昨日のニュース映像に映し出されたラファ検問所にとどまる少女は、フェンスに手をかけ封鎖されたエジプト側をじっと見つめていました。彼女が近くて遠い隣国の景色を分離壁に描かれた絵だけではなく実際に見られる日は来るのでしょうか。
まずは現状を知り関心を持ち続けること、また、暴力に訴えずとも芸術は世界中の人々に声を伝える力があるのだ、とバンクシ―は作品を通じて私たちに教え続けてくれています。

コラム一覧ページへ

お気軽にご相談ください。
042-548-8675
電話受付時間 平日午前9:30~午後5:30

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
4・5月の定例相談日を掲載しました
お知らせを追加しましたNEW
杉野公彦弁護士が、世田谷区立船橋希望中学校で同校1年生を対象とした進路学習において、「職業を知る」ことをテーマに講演いたしました。

 今年2月、世田谷区立船橋希望中学校で同校1年生を対象とした進路学習において、「職業を知る」ことをテーマとした講演を、杉野公彦弁護士が行いました。  同講演では、杉野弁護士から弁護士の職務や弁護士の楽しさについて話をいた…

コラムを追加しました
「国際男性デー」に思うこと

1  「国際女性デー」は、今や広く世間に知れわたり、各地でいろいろなイベントが取り組まれているのはうれしい限り。ところが、「国際男性デー」は、1999年に始まってから約25年も経つのに、あまり世間に知られていません。かく…

お知らせを追加しました
2月・3月の定例相談日を掲載しました
お知らせを追加しました
松縄昌幸弁護士が後見等について講演をおこないました

 2023年12月2日(土)に松縄昌幸弁護士が、東京・多摩市のトムハウス(鶴巻・落合・南野コミュニティセンター)で「できるだけ安心して老いや最期を迎えるための準備について」と題して講演をおこないました。当日は15名の方に…

お知らせを追加しました
1月の定例相談日を掲載しました
お知らせを追加しました
年末年始休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2023年12月27日(水)12時~2024年1月4日(木)

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動