コラム16:事務局員 日下 努

被災地支援ボランティア

2011.11 事務局員 日下 努

 先月(10月)のとある週末に石巻市に行きました。目的は東日本大震災で被害に遭われた人々を支援するボランティアに参加するためです。

 実は宮城県に行くことと、ボランティアと名の付く取り組みに参加するのが初めてでした。これまで震災や水害などの支援ボランティアを要する大きな災害の度に、自分でも何か直接役に立つことができないか、と考える一方で、本来ボランティアはあまり必要ない(政治や行政がやればいい)、と思っていました。

 しかし現実には、災害で支援を求めている方々が数多くいます。公的な支援がなければ当然私的支援(ボランティア)も含めて支援すべきだとも強く思います。今回石巻市に被災地支援ボランティアに参加する機会を得たので参加してきました。

 具体的に何をしてきたかといいますと、石巻市内の仮設住宅に避難されている方々にお米や大根やジャガイモなどの日保ちする野菜、衣類、洗剤などの雑貨、食器などを無料で配布するバザーでした。この無料バサーは二日間行いました。

 無料バザーの合間に、石巻市内と女川市内の被災地見学を行いました。地震による津波の被害は、実際に見てみるとテレビで見ているより凄まじい規模だということがよくわかりました。また、被災地を案内してくれた方のお話を聞くと、津波から助かった人の体験談や、被災後の生活や苦労など、被災地の実情を知ることができました。

 津波や震災の被害は、住まいを失った方々だけの問題ではありません。直接・間接的な企業倒産や、失業、二重ローン問題などを解決し、地元の商店や企業再建がなされなければ、被災地の復興にむけた下地ができません。また、福島県のように福島第一原発からの放射能被害に象徴されるように、この国のこれまでの電力行政や、被害の補償など、まさに課題は山積みです。

 これらの課題は、善意の募金や救援物資、ボランティアだけの力だけでは到底解決できません。被災地からの「声」を聴き、具体的な支援をするのが政治の役割です。いま政府は、各地の原発運転再開、農業はじめ関税撤廃を定めるTPP(環太平洋連携協定)、庶民増税など震災復興にマイナスとなることばかりをしようとしています。

 2009年夏の政権交代は、有権者の「声」を政治に反映できなかった(無視した)当時の政権党の政治がもたらした結果でした。今回の被災地の復興・支援・補償には、政治に「声」を届け、その「声」を実現させる姿勢が問われていると思います。

△このページのTOPへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
年末年始休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2018年12月28日(金)~2019年1月6日(日)

お知らせを追加しましたNEW
伊東憲二弁護士が1月から入所します。

 法テラス養成スタッフ弁護士として伊東憲二弁護士がひめしゃら法律事務所に2019年1月から執務を開始します。  一年間弁護士業務を研修した後に、司法過疎地に法テラスの弁護士として赴任する予定となっております。

コラムを追加しましたNEW
大丈夫

 おばあちゃんが亡くなる直前に、どこか痛くない?などと母が聞くと「大丈夫、大丈夫」とゆっくりと言ったそうで、何十年も前のことなのに、母はそのことばを宝物のようにいまでも心にしまっている。「あなたのこれからの人生も大丈夫だ…

お知らせを追加しました
岸弁護士 成年後見の講演を行いました

 11月10日、岸敦子弁護士は(東京)立川市社協で成年後見に関する講演を行いました。  当日は40人ほどの方々が参加し、質疑応答の時間は、沢山の方から手が挙がり盛会なりました。

エトセトラを追加しました
事務所旅行に行ってきました

 11月2~3日、事務所旅行として長野県に行きました。途中立ち寄った黒部ダムで記念写真を撮りました。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動