コラム24:裁判官の交代

2013.4.30 弁護士 松縄 昌幸

 4月は人事異動の時期です。このことは裁判所についても同様で、4月には裁判官の人事異動があります。裁判官は異動の多い職業で、人によって等違いはありますが、だいたい3年毎くらいの頻度で異動があると言われています。異動の頻度が高く、異動になる人が多いため、4月になると担当事件の裁判官が交代することがよくあり、実際にこの4月にも、私が担当している裁判事件のうち何件かで、裁判官の交代がありました。

このように、4月には裁判官が交代することがありますが、裁判官の交代は、訴訟の当事者に大きな影響を与えます。そのうちの一つは、3月下旬頃から4月中旬頃までの間、裁判の期日が入らないことです。というのも、裁判官としても、異動に先立ち準備が必要ですし、赴任してすぐに、記録も見ておらず何もわからない状態で裁判を担当するわけにはいきませんので、記録に目を通して検討する時間が必要だからです。

また、より大きな影響として、前任の裁判官と後任の裁判官とで、判断(心証)が違ってくる可能性があります。裁判官が交代したからといって、それまでの裁判を一からやり直すということはなく、後任の裁判官は、それまでの訴訟の状態を引き継ぐことになります。裁判では基本的に、主張や証拠は書面で提出します(口頭では、主張の全てを正確に理解してもらうことは難しいですし、書面であれば、そのままのかたちで記録に残るからです)ので、後任の裁判官も、それまでに提出された書面を読むことができ、また前任の裁判官から引き継ぎを受けることで、当事者の主張や裁判の経緯を理解することができます。このように、後任の裁判官も目にする書面は前任の裁判官と同じですが、同じ書面を基に判断する場合でも、考え方は人それぞれであるため、判断の結果も人それぞれです。そのため、前任の裁判官は有利に考えてくれていたのが、後任の裁判官は反対の考えであることもあり、その逆もあります。つまり、裁判官が交代することによって、裁判の結果そのものが変わってしまう可能性があるのです。

この他にも、裁判の進行(指揮)の仕方も裁判官によって異なるため、進行の面でも違いが出てきます。

このように、裁判官の交代による影響が大きいため、3月頃から4月頃になると、4月に担当事件の裁判官の異動があるのか、異動がある場合、新しい裁判官としてどんな人が担当になるのかは、とても気になるところです。

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
司法予算と軍事予算を比べてみると...

 みなさんは司法(裁判所)予算はどれくらいか御存知でしょうか。国の統治機構の三権(立法、行政、司法)の一つなので、どんなに少なくても10%くらいはあるかなと思っているのではないでしょうか。  実は司法予算は年間約3000…

お知らせを追加しました
年末年始休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2021年12月29日(水)~2022年1月5日(水)

お知らせを追加しました
1・2月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
11・12月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
気候変動対策と私たちの選択

 最近の新聞の見出しなどに「温暖化対策」や「気候変動」といった言葉や「SDGs(持続可能な開発目標)」という用語もご覧になった方もいるかと思います。これらの言葉は現代社会の経済的な発展の陰で差し迫ってきた地球規模の気候変…

お知らせを追加しました
10月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
言葉の旅

 法律事務所で働いていると毎日たくさんの電話を受けるのですが、中には北海道や沖縄など遠く離れた地域からかかってくるものもあります。なじみのないアクセントやイントネーションからその地域に思いをはせたり、話し方から相手の人柄…

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動