コラム29:法務局の移転

2013.12.2 事務局員 両部 奈緒

法務局の移転

 2013年11月中旬、東京法務局立川出張所が事務所の近くに移転してきました。
 そもそも、2009年に八王子にあった裁判所が立川に移転してきて、立川の法務局も裁判所付近に(そして、ひめしゃら法律事務所の近く)に移ってくるのではと噂されていましたが、ついに実現し、徒歩圏内になりました。事務所では登記簿謄本(正確には登記事項証明書)をたくさん扱うので、法務局は頻繁に利用します。以前の場所は自転車で行くことができるとはいえ、少々距離があり気軽に行くことができませんでしたが、今回の移転で徒歩圏内に移ってきたので、大変便利になりました。
 ところが不便な点も残っています。この法務局、立川の裁判所に近いのに供託ができません。以前の場所の時も、立川の法務局では供託ができず、八王子(最寄は南大沢駅)まで往復していました。供託は「時間との戦い」という場合が多いのに、片道1時間近くかけて供託に行くという状況でした。移転とともに、これが改善されるかと思っていましたが、残念ながらできないとのことです。なんとか立川の法務局でできるようになってもらいたいと思います。

法務局の職員

 これは立川に限った話ではなく、全国的な話ですが、法務局の証明書発行業務がどんどん外注に出されています。入札で業者が決まるため、場合によっては毎年違う業者、違う職員が業務にあたることになる可能性もあるようです。
 そのせいか、心なしか最近、職員の方の対応が悪いような気がします。郵送で申請した際、以前は問題があると連絡をくれたのに、この頃は該当なし等で連絡もなく返送されてくることが多々あるなど、問題を感じます。
 外注になったから料金が下がったという面もあるのかもしれませんが、登記簿謄本は裁判の資料にもなる大事なものなので、やはりしっかりした正規の職員の方にやってもらったほうがいいのでは、と感じる今日この頃です。

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
少年犯罪激減の中での厳罰化進行

1.いつかもどこかに書いたような気がするけど、少年の犯罪の減少は今も止まりません。  一番新しい司法統計年報では2020年の少年犯罪の数は全国で5万1485件で、1990年が50万2757件ですから30年で実に10分の1…

お知らせを追加しましたNEW
岸敦子弁護士「市民後見人」養成講座で講師をしました

 岸敦子弁護士が10月14日に東京・立川市社会福祉協議会の「市民後見」についての企画で講演を行いました。

お知らせを追加しましたNEW
11・12月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
通信販売等に関する特定商取引法の改正について

1 定期購入に関する消費生活相談件数の大幅な増加等を受け、消費者の脆弱性につけ込む悪質商法に対する抜本的な対策強化等のため、「消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律」が…

お知らせを追加しました
9・10月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月13日(土)~8月21日(日)

お知らせを追加しました
佐々木洪平弁護士「揉めないための老い支度」で講演

 佐々木洪平弁護士が7月28日に東京・東大和市社会福祉協議会の企画で講演を行いました。タイトルは「揉めないための老い支度」で、成年後見や相続に関するお話しをしました。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動