コラム34:高齢社会で暮らしの安心をささえる弁護士のしごと

2014.5.23 弁護士 藤原 真由美

 2030年には、東京の人口の約3分の1を65歳以上の方たちが、20%を75歳以上の方々が占めるようになる、と言われています。食生活が豊かになり、医療や薬が発達して、みんなが長い人生を楽しめるようになったことは、素晴らしいことですよね。
でも、反面、体調を壊したり、パートナーに先立たれ一人暮らしをしながら、これからの生活に不安を抱えておられる方も、多くいらっしゃるのも現実です。

先日、三鷹市にお住いのAさん(65歳)から、ご相談の電話がありました。永年働いてきた職場を定年退職し、退職金で中古のマンションを買って老後に備えているという、一人暮らしの元気な女性です。これからは旅行なども楽しみたいと、旅行会社に行って気に入ったツアーを見つけたのはいいのだけれど、旅行中何かあった時の連絡先を書くように言われ、身寄りのない自分は書けずに困っている、とのこと。知り合いの法律事務所に電話をしたけれど、「それは法律相談ではない」と断られてしまったと、途方にくれたご様子。「とりあえず一度事務所にいらしてください。」と申し上げ、お話を伺うことに。

事務所にいらしたAさんからお話を伺うと、親戚がみな九州に暮らしていて全く交流がないことや、自分が他界した後の遺骨やマンションなどの財産がどうなってしまうのか不安であること、自分が今後病気になったり、認知症になったりしたとき、一人暮らしの自分はどうなってしまうのか考えると夜も寝られないことなど、いろいろな悩みを抱えていることがわかってきました。これは何とかしてさしあげたいーそう思った時、ひらめいたことがありました。日本弁護士連合会が研修会などをひらいて弁護士に勧めている「ホームロイヤー制度」の活用です。言ってみれば、かかりつけのお医者さんと同じ、「かかりつけ弁護士」の制度です。

弁護士は、法律的な問題がおきた時に、裁判をしてたたかうための存在と考えられがちです。でも、弁護士の大事な役割は、問題が起きないよう未然に予防したり、一人一人の日常の生活のなかで権利を守っていくことにもあるのです。そのためには、些細なことでも気軽に相談できる弁護士がいたほうが良い。多くの会社は、顧問弁護士を頼んで問題が起きないように備えをしています。個人の場合も、会社と同じく、いつでも相談できる顧問(かかりつけ)弁護士がいれば、消費者被害などにも会わなくてすむはず。特に資産を持っておられるがゆえに、詐欺グループや投資会社などのターゲットになりやすい高齢者の場合は、その必要性が高いと思われるのです。

そこで、私はAさんの気持ちに即して、① 旅行をする場合の連絡先になって、もし何か事故が起きた場合に連絡を受けること、② 必要なときにはいつでも相談にのること ③ 半年に一度はこちらからAさんに連絡をして安否を確認すること などを内容とするホームロイヤー契約を結び、一年ごとに必要な項目を検討することにしました。Aさんは、安心して帰って行かれ、さっそく東ヨーロッパ旅行のツアー申し込みを終えたとのお電話をくださいました。「旅行から帰ったら、自分の財産を小さなNPOに遺贈する内容の遺言を書こうと思うので、その時はまた相談に行きますね。」とおっしゃったAさんは、「なんか、これから自分がすべきことが見えてきました。」と、うれしい言葉も。

せっかくの長寿社会、健康に気をつけながら、自分のやりたいことを存分に楽しみ、無用な心配に心を閉ざしたりしないよう、弁護士がお役に立てたらなあと思っている、今日この頃です。

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
3月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しましたNEW
杉井静子弁護士 婦人民主クラブで記念講演予定

 杉井静子弁護士は3月12日、東京都内の全国教育文化会館内にて開催される婦人民主クラブ創立77周年記念のつどいで「女性が輝いて生きられる社会へ ~私の弁護士活動を振り返りつつ~」(仮題)というテーマで記念講演を行います。

コラムを追加しました
第3次新横田基地公害訴訟を提起しました

 皆さんは、多摩地域にも米軍基地があることをご存じですか。  東京都西部の立川市、昭島市、福生市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町にまたがる米軍・横田基地は、国内最大級の米軍基地であるとともに、在日米軍司令部が置かれ、在日米空…

コラムを追加しました
「あたらしい憲法のはなし」

 といっても、令和の御世に令和らしい新しい憲法を!、ということではありません。  これは、文部省が、1947年5月3日に施行された日本国憲法の解説のために発行した新制中学校1年生用の社会科の教科書のタイトルです。この教科…

お知らせを追加しました
年末年始休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【年末年始休業期間】 2022年12月27日(火)~2023年1月5日(木)

お知らせを追加しました
杉井静子弁護士 ジェンダー平等と憲法・政治改革をテーマに講演

 杉井静子弁護士が11月12日に高知県内でジェンダー平等に関する講演を行いました。講演ではジェンダー平等の障害となる夫婦同姓強制など戦前の「家制度」の残滓を日本国憲法をいかしながら取り除くために声を上げていくことの重要性…

お知らせを追加しました
1・2月の定例相談日を掲載しました

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動