コラム37:本来の「積極的平和」

2014.9.30 事務局員 森元 衆代

 久しぶりにブレヒトの三文オペラ(谷川道子新訳)を観ました。失業者の増大やナチスの台頭といった政治的な緊張の高まるドイツでその反骨精神が受け、1928年の初演から3年の間に4千回以上の上演記録を持つ戯曲です。市民に民主主義的な政治参加の方法などがなかったビクトリア朝時代のロンドンが舞台。捕らえられた盗賊団のボス・メッキースが、女王の戴冠式よりも彼を見ようと集まった乞食や娼婦、泥棒等の大勢の市井の人々を前に絞首台から演説します。「私はここに、没落しつつある階級の没落しつつある代表者として立っております。市民階級の端くれであるわれわれ手工業の職人は堅固なヤットコなどを使って、中小企業のニッケル製の金庫をこじ開けるような慎ましい仕事をしているうちに、大企業に飲み込まれてしまいます。大企業の背後には銀行が控えております。銀行の株券に比べれば、こそ泥の合鍵など何ほどのものでありましょう。銀行設立に比べれば、銀行強盗などいかほどの罪でしょうか。(後略)」。耳に残る台詞でした。

 9月18日実施のスコットランドの独立の是非を問う住民投票の投票率は86.4%。16歳以上の若者が参加でき、有権者登録者約430万人のうち、18歳未満は11万人で16歳・17歳の9割が投票したそうです。YES・NOの結果はともかく、貧困・格差是正、地方分権等、自らの未来を多くの人が考え、議論し、関わってこそ民主主義。先進的なスコットランド認知症プログラムも「当事者抜きで勝手に決めないで」「認知症の人が社会的に声をあげる。認知症の人と家族の暮らしに関わる公的政策に影響を与える。」という働きかけがあったればこそとのこと。40年以上も前「イギリスにおける小選挙区制」を勉強した時、仕事帰りにパブで3人集まれば政治の話という風土と知りました。

 時の政府の閣議決定、解釈で憲法を変えてしまおうとする日本の国。国際政治(平和学)でいう本来の「積極的平和」=「戦争がないだけでなく、貧困・差別など社会的構造から発生する暴力がない状態」を実現したいと私は痛切に思います。それも対話や協力など非暴力的な手段で新たに創造していく道をともに選び取りたいものです。安倍首相が繰り返し主張する「国際協調主義に基づく積極的平和主義」ではなく………

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
少年犯罪激減の中での厳罰化進行

1.いつかもどこかに書いたような気がするけど、少年の犯罪の減少は今も止まりません。  一番新しい司法統計年報では2020年の少年犯罪の数は全国で5万1485件で、1990年が50万2757件ですから30年で実に10分の1…

お知らせを追加しましたNEW
岸敦子弁護士「市民後見人」養成講座で講師をしました

 岸敦子弁護士が10月14日に東京・立川市社会福祉協議会の「市民後見」についての企画で講演を行いました。

お知らせを追加しましたNEW
11・12月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
通信販売等に関する特定商取引法の改正について

1 定期購入に関する消費生活相談件数の大幅な増加等を受け、消費者の脆弱性につけ込む悪質商法に対する抜本的な対策強化等のため、「消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律」が…

お知らせを追加しました
9・10月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月13日(土)~8月21日(日)

お知らせを追加しました
佐々木洪平弁護士「揉めないための老い支度」で講演

 佐々木洪平弁護士が7月28日に東京・東大和市社会福祉協議会の企画で講演を行いました。タイトルは「揉めないための老い支度」で、成年後見や相続に関するお話しをしました。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動