コラム45:イギリス流合理主義

2015.10.1 弁護士 大出 良知

 先日、久しぶりに資料収集を兼ねてイギリスへ行ってきました。前回は、ロンドンオリンピックの直前でしたから3年ぶりということになります。オリンピックが直前に迫っているという印象はほとんどなく帰ってきましたが、今回、ロンドンのホテル代が、軒並み前回の2倍から3倍に跳ね上がっていてビックリしました。オリンピックの影響かもしれません。しかも、ポンドが、前回130円台だったものが、今回は180円台になっており、オリンピックとの関係は分かりませんが、閉口しました。

 それはともかく、イギリスへ行くと毎回イギリス流合理主義に感心させられることがいくつかあります。実は、イギリス料理もそうだと思っているのですが、その話をしだすと長くなりますので、別のことを1つ。

 それは鉄道運賃のことです。ガイドブックなどにも、そういうことがあるということは載っていると思いますが、日本から乗り放題のレイルパスを買っていったり、ツアーでバスを利用したりすると分からないと思うことです。そもそも、鉄道運賃は、往復で買うのと片道で買うのとほとんど変わらないとか、特急列車(インターシティ)だからといって特別料金が取られるわけではない、といったことがあるのですが、さらに、同じ区間を同じ時間で走る列車によっても運賃が違うということです。正確には、休日かウィークデイによっても違いますが、要は、発車時刻が、ピーク時かオフピーク時かということが基本だと思いますが、さらに細分化されています。

 今回も、中西部にあるイギリス第二の都市バーミンガムから、ロンドンのターミナル駅(ユーストン)まで、ウィークデイの11:10発のインターシティのチケットを買おうと思ったところ、その列車だと片道約50ポンドだけど、それより20分早く出る列車だと約27ポンド、20分遅く出る列車だと、約15ポンドだというのです。そう急ぐ旅でもなし、もちろん一番安いチケットを買いました。

 さらに言いますと、座席指定料金は取られませんし、座席指定車があるわけではなく、同じ車両の中に指定された座席があるということで、日本のように、自由席が満員なのに指定席車がガラガラというようなことはありません。

 一事が万事というわけではありませんが、いつもながら日本にももう少し合理的に考えてみるべきことがあるのではないかと思わせられることの1つです。

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
少年犯罪激減の中での厳罰化進行

1.いつかもどこかに書いたような気がするけど、少年の犯罪の減少は今も止まりません。  一番新しい司法統計年報では2020年の少年犯罪の数は全国で5万1485件で、1990年が50万2757件ですから30年で実に10分の1…

お知らせを追加しましたNEW
岸敦子弁護士「市民後見人」養成講座で講師をしました

 岸敦子弁護士が10月14日に東京・立川市社会福祉協議会の「市民後見」についての企画で講演を行いました。

お知らせを追加しましたNEW
11・12月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しました
通信販売等に関する特定商取引法の改正について

1 定期購入に関する消費生活相談件数の大幅な増加等を受け、消費者の脆弱性につけ込む悪質商法に対する抜本的な対策強化等のため、「消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律」が…

お知らせを追加しました
9・10月の定例相談日を掲載しました

 

お知らせを追加しました
夏期休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。  何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 【休業期間】 8月13日(土)~8月21日(日)

お知らせを追加しました
佐々木洪平弁護士「揉めないための老い支度」で講演

 佐々木洪平弁護士が7月28日に東京・東大和市社会福祉協議会の企画で講演を行いました。タイトルは「揉めないための老い支度」で、成年後見や相続に関するお話しをしました。

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動