コラム54:ミステリーの中の司法制度(2)

2017.5.26 弁護士 岸 敦子

 前回に引き続きミステリー小説の話です。海外(主に英米)のミステリーだと、人が死んで(殺されて)、葬儀を終えて、その場に集まった遺族の前で遺言状が読み上げられる場面があります。読み上げるのは遺言状を保管していたその家の弁護士で、集まった遺族一同は固唾をのんで聞き入り、予想外の遺言の内容を巡って騒動となり、更に人が殺され謎は深まる・・・という展開が定番です。横溝正史の作品などでもこのような場面はあるようですが、現代日本では現実にこのような場面が生じる可能性は低いと思われます。

 そもそもの話、これまでは遺言を残している人があまり多くはなかったことからか、葬儀の後に遺族が集まった席で遺言を読むという習慣が日本にはないようです。また、上記のような場面は、遺言を弁護士だけが保管していることが前提です。しかし、日本だと公正証書遺言であれば公証役場が保管しています(作成に関わった弁護士が謄本等を保管していることはあり得ますが)。相続人であれば遺言の有無の確認や、遺言の謄本の請求が出来るので、遺族は公証役場に確かめに行くことができます。
 自筆証書遺言の場合、弁護士が預かっているとしても、それが開封されるのは裁判所での検認の時です。したがって、遺族(相続人は検認に立ち会えます)が内容を知るのは葬儀の後の席ではなく、裁判所ということになります。

 ですので、私自身はご遺族の前で遺言状を読み上げたことはありません。憧れのミステリー小説の再現が出来ないことが少し残念でもあるのですが(不謹慎ですみません)、実際には葬儀直後のご遺族の前で遺言を読むというのはかなりの気遣いと強心臓が必要でしょうし、小説の中だと読み上げた弁護士が殺されることもあるので、読まない方がいいような気もします。

△このページのTOPへ

コラム一覧ページへ

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

お知らせを追加しましたNEW
7・8月の定例相談日を掲載しました

 

コラムを追加しましたNEW
免田事件が残したものは

 もう1年半ほど前のことになりますが、免田栄さんが、95歳で亡くなりました。というだけでは、誰のことか分からないという方も多いかもしれません。死刑判決が確定していたにもかかわらず、1983年7月15日に一転裁判のやり直し…

お知らせを追加しましたNEW
静井静子弁護士が4月よりコラム連載開始

 杉井静子弁護士が『婦民新聞』(月3回発行)誌上で「ひめしゃらのつぶやき」というタイトルのコラムを始めました。ご関心のある方は婦人民主クラブ(電話03-3478-2317)にお問い合わせください。

お知らせを追加しましたNEW
岸敦子弁護士が中学校で講演しました

 東京都内の府中市立第三中学校で2月4日、「働く人のお話を聞く会」が開催され岸敦子弁護士がお話ししました。当日は弁護士、新聞記者などで働く方から中学生に仕事のやりがいなどを紹介しました。岸弁護士の話を聞いた生徒からは「一…

コラムを追加しました
『物語 ウクライナの歴史』(黒川祐次著)を読んで

 本屋で平積みになっていたので手に取りました。ロシアによるウクライナ侵攻を受けて増刷されたようです。  紀元前から現代までのウクライナの地にまつわる長い歴史が新書1冊に、コンパクトにまとまっています。初版は2002年なの…

コラムを追加しました
悲しみよこんにちは

 大好きな母が亡くなりました。  仕事の前に、朝一緒にコーヒーを飲みながら他愛のない話をして、いってらっしゃいと送り出してくれる母が、目の前にもういないのです。  ふと、昔何かで読んだ仏教の逸話を思い出しました。  『幼…

お知らせを追加しました
5・6月の定例相談日を掲載しました

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動