佐々木 洪平 弁護士

佐々木洪平 弁護士の写真

弁護士登録年

2016年(平成28年)

ご挨拶

私は、生まれも育ちも多摩地域です。生まれ育った多摩地域に恩返しがしたい。そんな思いから、多摩地域で弁護士になることを選びました。
多摩地域では、毎日多くの方が活動・生活をしています。ほとんどの方は、自分は法律とは縁がない、そう思いながら日々を過ごされていると思います。しかし、日常の暮らしの中で、ちょっとした法律的な悩みや困ったことに出くわすこともあるかと思います。そのようなときに、気軽に相談に乗り、悩みを解決する手助けができる、そんな弁護士になりたいです。
私は、多摩地域で身近な問題である横田基地にも関心があります。私の実家は米軍機の飛行経路の下にあり、昼夜関係なく米軍機は飛び交い、時に低空で飛行するため、その騒音に悩まされることもあります。昨年は騒音が著しくひどいオスプレイが横田基地に正式配備され、上空を縦横無尽に飛び回る姿を目にするようになりました。この騒音問題をなくすためにも、私は横田基地公害訴訟の弁護団に参加しています。
また、私は、生活保護費の基準切り下げの取消しを求める新生存権訴訟の弁護団に参加しています。セーフティーネットである生活保護費の基準切り下げは、社会保障全体に影響しうる問題です。憲法が定める最低限度の生活を守るためにも、この訴訟は意義のあるものだと考えています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

得意分野

労働事件、家事事件(離婚、遺言相続など)

略歴・諸活動等

  • 東京都多摩市出身
  • 都立立川高校卒業
  • 中央大学法学部法律学科卒業
  • 中央大学法科大学院修了
  • 2015年09月  司法試験合格
  • 2016年11月  司法修習修了
  • 2016年12月  弁護士登録(第二東京弁護士会)

所属委員会等

  • 多摩支部 労働法制に関するプロジェクトチーム所属
  • 多摩支部 修習委員会所属
  • 第2次新横田基地公害訴訟弁護団
  • 新生存権訴訟弁護団

コラム

冊子紹介

相談について
取扱分野一覧

離婚相続・遺言不動産、労働、交通事故、消費者被害、成年後見、中小企業・NPO法人・個人の顧問業務、法人破産、債務整理、行政事件、医療過誤、刑事事件、少年事件、犯罪被害者支援、その他

line

「取扱分野一覧」へ >>

新着情報

コラムを追加しましたNEW
民事執行法等の一部改正について

1 改正法の2020年4月1日施行 近年、いわゆる相続法の改正や債権法の改正等、重要な法律の改正が相次いでいます。その中で、民事執行法及び国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律の一部を改正する法律、…

お知らせを追加しました
年末年始休業のお知らせ

 誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)

お知らせを追加しました
2月の定例相談日を掲載しました

 

事務所ニュースを追加しました
事務所ニュース/Vol.14

事務所ニュース 2019年11月25日号を発行しました

主な記事

・【対談:あなたが学んだことを ひとびとを助けるために】
 上野 千鶴子 さん(社会学者)
・夫 杉井嚴一を悼む
・連載『とっておきの話』
 「ブックマンションが創る、人と人との出会いの場」
・所員にききました 愚問 & 奇問

コラムを追加しました
取調べへの弁護人の立会いの実現を

えん罪事件が話題になるたびに問題になるのが、密室での長時間にわたる無理な取調べによって得られた「虚偽自白」です。その「虚偽自白」を防ぐ方策については、延々議論されてきました。捜査当局や裁判所の対応が決して積極的でない中、…

お知らせを追加しました
岸弁護士 中学校で『働く人のお話を聞く会』の講師をしました!

 岸敦子弁護士が東京の府中第三中学校企画の『働く人のお話を聞く会』で講演をしました。当日は、弁護士や建築業、公務員などさまざまな職業人が講師となり、中学生たちはグループに分かれ希望の講演を聞く形で行われました。
 参加した中学生から「(弁護士は)とても責任ある仕事であり、将来仕事をしていくうえで、社会人として生きていく意識を持つことができました」等の感想がたくさん寄せられました。

お知らせを追加しました
1月の定例相談日を掲載しました

 

「新着情報・お知らせの履歴」へ >>

ひめしゃら法律事務所

HOME
選ばれる理由
所属弁護士
弁護士費用
アクセス・交通案内
コラム・活動